初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

0a84634740e53800edc6b02d411c0aeb_s

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

ロードバイク初心者がビンディングに変えることで
立ちゴケの不安は常につきまといます。

そこで今回は、ビンディングの立ちゴケを防ぐ、
5つの防止法をご紹介していきます!

スポンサードリンク

ビンディングでの立ちゴケを防ぐ!5つの防止法

すでに一度立ちゴケを経験し、
その後も立ちゴケしそう!というヒヤリ感を
何度も味わった私。

その経験から学習し、気をつけることで
ビンディングでの立ちゴケを防止する方法が
最近分かってきました。

そこで、今回はビンディングでの立ちゴケ防止法として
5つの方法をご紹介していこうと思います。


・クリートの固定力を弱める

これは何度も書いていますが、
ロードバイク初心者でビンディングを外し慣れていないのに
クリートががっちりはまっていてはお話になりません。

できるだけ簡単に外せるように
慣れるまではクリートの固定力は最弱にしておきましょう。

参考記事:
ビンディング固定力の調整方法!SPD-SLのやり方

・クリートをのネジを増し締めする

これも前に一度書きましたが、クリートのネジを
がっちり締めておくことで
外す際に力がきちんと伝わって外しやすくなります。
締めるのと締めないのでは全然違う。

スポンサードリンク

・止まる可能性があるなら外しておく

「止まる前に外しておく」のは当たり前の事に思えますよね。
ですが、道を横断するときなど
「止まらなくてもイケるかもしれない」
という時に、面倒臭いからと外さないで
そのまま進んでしまう事、ありませんか?

面倒くさいのはよーく分かりますが、
慣れていない初心者がそれをやってしまうと
いざ「車がいた!」となった時に
とっさに外せずに立ちゴケしてしまいます。

外すことに慣れてくるまでは、
止まる可能性が少しでもあるなら
早めにはずしておく事をおすすめします。

・外した後の足の置き場所に注意

これも前に書きましたが、ビンディングを外しておいても
外した後にペダルに足をのせたままだと
何かの拍子に力が入った時にまたはまってしまう事があります。

外して安心しているところに、またいきなりはまってしまうため
すごーく慌ててしまい、慌てるとまた外しにくくなってしまうために
立ちゴケの危険性が高くなります。

外した後の足はペダルにのせずにブラーンとさせておくか、
土踏まずあたりをペダルに置くようにすることで
またはまるのを防ぐことができます。

・坂道の前にはギアを軽くする

私の実体験が元になっています。
私の場合はビンディングをつけたまま
坂を上ってみたけど、上りきれずに途中で失速→立ちゴケ。

「そんなの坂の途中ではずせばいいじゃん」と思いますよね?
私もそう思っていました。

ですが、失速してからビンディングを外そうとすると
回す力が弱まってさらに失速するので、
外すための時間も短く、外す前に立ちゴケしてしまいます。

また、坂の途中ではギアはスムーズに変わらないので
坂道の前にあらかじめギアを軽くしておくのが一番。

これは邪道かもしれませんが、
私は急な坂道にさしかかる前には左足だけ外して、
土踏まずで回しながら上ってます。

以上、
「ビンディングの立ちゴケを防止する5つの方法!
「あらかじめ」がポイント!【ロードバイク初心者】」
でした。

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ