初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

8281e2f411747908e234fbd3099ff435_s

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

ロードバイクで下り坂を走るのって怖くないですか?
私は怖いです!

ですが、泣き言ばかり言っていられないので
せめて下り坂を無事に走りきれるように
安全に下るコツを調査してみました。

下りは落車しやすいポイントなので
安全に下るコツを身につけておきたいですね!

スポンサードリンク

下り坂を安全に走りきるコツを調査!下ハン&後輪荷重に慣れよう【ロードバイク初心者】

上でも書きましたが、
下り坂はちょっとの事で落車しやすく
怪我などの原因になりやすいポイント。

体力的に疲れやすい上りにばかり
気をとられてしまいがちですが、
下り坂は油断してしまうこともあり
上りよりも気を引き締めて集中したい部分です。

ロードバイク初心者は
下りで速さを追求するよりも
まずは安全に走りきることが大切。

今回は私自身のためにも
下り坂を安全に走るコツを調べてみたので
是非一緒にマスターしましょう!


最低限覚えておきたい
下り坂の基本は以下の通り。

・下ハンを持つ

下りの基本中の基本。
下ハンを持つことでより姿勢が前傾になり重心が低くなり、
ブレーキをかけやすくなります。
次に説明する後輪荷重もできるようになります。
ブレーキをかける時は人差し指一本、
又は人差し指と中指の二本の指を使うのが基本です。

・後輪荷重にする

平地よりも後ろ側に体重をかけるようにします。
上で説明した下ハンを持つことで
手の位置を少し後ろにできるので、
サドルに座る位置も後ろに下げます。
後輪荷重にすることで後輪のグリップ力が増すので
スリップしにくくなり、安定感も増します。

スポンサードリンク

・スピードを出しすぎない

これも下り坂を安全に走るための基本中の基本。
下りは初心者でも楽にスピードが出るので
ついとばしたくなってしまいますが
常にブレーキをかけられる状態で、
何かが飛び出してきても対応できるぐらいの
スピードで走ることをおすすめします。
特にカーブで曲がりながらブレーキをかけると
後輪がロックして落車するため、
下りでカーブに入る前にしっかり減速しておきましょう。

・ブレーキは前後同じ比重にする

後輪ブレーキだけを強くかけてしまうと
後輪がロックしてしまい危険です。
下りのブレーキングにおいては
前ブレーキの比重を高めにするのが望ましいそうですが、
初心者にとっては難しいので
慣れるまでは前後同じぐらいの力加減で
ブレーキをかけるようにすればいいでしょう。
下りに慣れてきたら前ブレーキの比重を高めにすると
さらに安定した走りになるはずです。


いかがでしょうか?

他にも下りカーブの体重のかけ方やブレーキの種類など、
細かいテクニックは色々とあるようですが
ロードバイク初心者はいっぺんに全部やるなんて無理。

なので、速く走れなくてもいいから、
最低限ケガをせずに下り坂を走りきるために
まずは上で挙げた4つのコツを心がけましょう。

私も早速下ハン&後輪荷重を練習しようと思います^^

以上、
「ロードバイクの下り坂を安全に下るコツを調査!
下ハン&後輪荷重が基本!【ロードバイク初心者】」
でした^^

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ