強風の中、少しでも楽に走る方法を調査!風対策を工夫して体力のロスを防ごう!【ロードバイク初心者】

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

最近、冬の強風の中走って
ぐったりする事が続いております。
本当にロードバイクは風との付き合い方が
大事なんだなーと痛感します。

という訳で、今回は
強風の中、少しでも楽に走る方法を調査して
まとめてみました!

スポンサードリンク

強風の中、楽に走る方法を調査!少しの工夫で風の中でも楽に走れるようになる。【ロードバイク初心者】

ロードバイクは風の影響をモロに受けるスポーツ。

同じルート、同じコンディションでも
風があるとないとでは全く走りが違ってきます。

ものすごく楽に走れてルンルンで帰ることもあれば、
同じルートなのに「おかしい・・・」とゼイゼイ言いながら
ぐったり疲れて帰ることもありますよね。

強い向かい風や横からの風が常にあると
それだけ前に進む力に抵抗がかかるので
走る速度が遅くなってしまい、
なかなか進まずに疲れてしまうのです。

なので、ロードバイクで少しでも楽に、
速く走るためには
風の抵抗を少しでも減らす事が効果的です。

という訳で、強風の中でも楽に走れるように
風の抵抗を減らす方法を調査してまとめてみました!

以下に調査結果をまとめたので、
少しでも参考になれば幸いです^^

・前傾姿勢をさらに低めにする

強風の中を走る場合、かなり効果的な基本の風対策です。
普段は上ハンやブラケットを持っていても、
強風の中を走る時には下ハンを持つようにすれば
それだけで前傾姿勢がさらに低くなり、
向かい風を受ける面積が減り、抵抗が少なくなります。
ただし、下ハンに慣れていないとすぐに体が疲れてしまうので
無理せずに短時間で、少しずつ行うようにしましょう。

スポンサードリンク

・風の抵抗を受けにくいウェアを着用する

これもかなり効果的な強風対策です。
ロードバイク初心者だとロードバイク専用ではない
ウェアを着て走る人も多いと思いますが、
普通の服装だと体にぴったり沿わないため
風の抵抗を受けやすくなります。
できるだけピタッとしたラインのものを着るようにしましょう。
その点、サイクルウェアは抜群に優秀です。

・ギアを軽めにしてくるくる回す

強風の中を走る時には普段よりも軽めのギアで
くるくる回すようにすると比較的楽に走れます。
特に向かい風のときは重めのギアで
ガシガシ踏んでもなかなか進まずに
体力だけが奪われていってしまいます。
なので、無理に風に張り合わずにギアを軽めにして
足の筋肉を疲れさせないようにしてあげるといいですね。

・ディープリムはやめておく

これはホイールをディープリムにしている人限定です。
ディープリムは横風の影響をモロに受けます。
強風の日にディープリムで走れば、
横風にあおられてロードバイクごと持っていかれます。
ましてやそれが車道で起こってしまったら、
交通事故にもなりかねません。
ディープリムはかっこいいですが、
強風の日には封印しておくのが得策でしょう。

以上、
「強風の中、少しでも楽に走る方法を調査!
風対策を工夫して体力のロスを防ごう!【ロードバイク初心者】」
でした^^

スポンサードリンク

関連記事

フィッティングサービスを受けてきました!【その3】@神奈川・江ノ島のリンケージサ...

ロードバイク冬用インナーを購入。アンダーアーマーコールドギアの評価&レビュー!【...

フレームの傷防止にはカバーがおすすめ!ロック時の傷防止にも。【ロードバイク初心者...

冬用レーパンでお尻が痛かった件のその後を報告してみる。【ロードバイク初心者】

レーパンの下にユニクロの下着をつけて100キロ以上のロングライドはできるのか?!...

【ロードバイク】駐輪場にとめる時に心がけたい4つのこと!愛車を守るためのポイント...