ロングライドイベントに初参加して見えた、5つの問題点と課題。【ロードバイク初心者】

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、ロードバイクでロングライド修行中の初心者アラフォー女、nicoです。

先日、人生初のロングライドイベントとしてツールドちばに参加しました。

ケガなどなく無事に完走できましたが、制限時間ギリギリのゴールだったし、一緒に走って下さった指導員(サポートライダー)さん達に大変お世話になってしまったため、「もう少し走れるようになりたい!」と強く思いましたね。

そこで、今回ツールドちばに参加して走ってみて浮き彫りになった、ロングライドイベントでより走れるようになるための私の問題点と課題を挙げてみようと思います。

スポンサードリンク

初ロングライドイベントで分かった、現時点での問題点と課題。【ロードバイク初心者】

普段は一人で気ままに走っている私ですが、先日ツールドちばに参加した時はグループを組んで指導員さんと一緒に走ることになりました。

自分が遅いことは充分承知していたので、最も遅いグループに入って走り始めましたが、それでも遅い!

それに明らかに他の人よりも走り慣れていないことを痛感したし、ロングライドイベントで完走するための走り方も全く分かっていませんでした。

という訳で、次のロングライドイベントではもう少しましに走れるように、今回感じた自分の問題点と課題をここに残しておこうと思います。

【その1】 ギアを使うことに慣れていない

特にインナーとアウターの切り替えが下手。
そのせいで普段はちょっとした坂道でもすぐ足をついて歩いてしまいがちだったので、
いっこうにギア使いが上達しない、という悪循環に。

今回指導員さんに基本的なギアの使い方を教わったので、これからはできるだけ足をつかないように走り続ける練習をしようと思います。

スポンサードリンク

【その2】 ケイデンスを全く意識せずに疲れてしまう

これもツールドちばの指導員さんに教わったことですが、まずはケイデンス(1分間にペダルを回す回数)を80に近づけるようにギアを選んで漕ぐといいとか。
そうすると、疲労物質がたまりにくくなり、長時間楽に走り続けられるそうです。

調べてみたところ、理想的ケイデンスは90だそうなので、まずは80を目指し、その後90に近づけたらいいなと思います。
ツールドちばでは途中からケイデンスをちょっぴり意識したおかげか、走った後の疲労がそこまでひどくなかったです^^

【その3】 まとめて走るのに慣れていない

これは今回一番感じた問題かも。
一人で走っていると坂道は押して歩いたり、10キロ程度ですぐに休憩したりして長い距離をまとめて走ることに慣れないんですよね(私がヘタレなせいだけど)。

ツールドちばで走った時はエイドとエイドの間が15キロ~30キロぐらいあったので私にとっては長めな距離を休憩なしで走ることになり、後半はヘバってしまいました。

なので、これから一人で走る時は休憩を入れるタイミングを20キロに一回ぐらいにできるようにしたいです。
補給はそこでまとめて多めにとるようにすれば問題なさそうだし。

スポンサードリンク

【その4】 坂道と、坂道でのビンディングが苦手

これは以前からの課題ですが、やっぱりビンディングへの怖さはまだあります。
今回イベントに参加する前に少し坂道練習をしましたが、それでも長い坂やバランスを崩しそうな場面は怖くて左足のビンディングを外したまま走ったりしていました。

でも、事前練習とイベントで走ってみて坂道でも気持ちに余裕を持てば大丈夫だと分かってきたので、この調子でこれからは坂でもビンディングをつけながら練習していこうと思います。

また、長い坂道でも上りきれるように心肺機能を少しずつ向上させられたらいいなと思います。
(どちらかというと筋肉より心肺の方が弱い気がする)

【その5】 とにかく遅い

これはもう自他共に認める事実。
練習で一人で走っていると、平均時速は15~16というヘタレぶりですからね。

でも今回ツールドちばで指導員さんたちと走ってみたら123.5キロのロングライドにもかかわらず、平均時速は18キロ以上だったのです。

スポンサードリンク

事前に多少練習はしましたが、一週間でいきなり速く走れるようになるはずはなく、走り方の問題だという事に気づきました。

同じ身体のままでも平均時速を上げるための方法としては、

のんびり、ダラダラ走らない
できるだけペダルをゆるめずに、常に回し続ける
できるだけ時速を上げることを意識する
状態の良い路面を選んで走る(バランスがとりやすくなり、滑らかに走れる)
止まらなくてもいいような場所で無駄に止まらない
走りやすい道を選んで、信号などの止まる部分を少なくする
スピードがのってきたら一段重いギアにして効率よく進ませる

などが挙げられます。

これらは今回ツールドちばを走ってみて感じたことでした。

なので、これから一人で練習するときはこれらを意識して、まずは平均時速が18キロになるようにやっていこうと思います。

こうして書いてみるとできないことだらけ、課題だらけですね^^;

ロードバイクは楽しくなきゃ!と強く思いますが、思うように走れなかったり、疲れて走ったり、イベントに参加しても余裕がなくて風景も楽しめないようでは意味がないですよね。

最低限のことができるようになって余裕を持ててはじめて、楽しさを感じられると思うので、今回学んだこれらのことをいかして練習して、次回のロングライドイベントではもう少し余裕をもてたらいいな、と思います^^

以上、
「ロングライドイベントに初参加して見えた、5つの問題点と課題。【ロードバイク初心者】」
でした^^

スポンサードリンク

関連記事

ロードバイクのビンディングに磁石タイプが登場!磁力で着脱もラクラクの優秀アイテム...

ロングライドイベントカレンダーを作ってみた。人気イベント目白押し!【ロードバイク...

シクロクロスとは何?ロードバイクとシクロクロスバイクの違いも調べてみた。【ロード...

物欲がスパークする瞬間ベスト5!ロードバイクの世界は底なし沼だと痛感。【ロードバ...

劇的に走りやすく!フィッティングを受けて心から良かったと思った6つのメリット。【...

【おすすめ本】「ロングライドに出かけよう」がかっこいい!距離感が壊れた人たちが楽...