ロードバイクのケイデンスとは?初心者向けの目安と測定方法も調べてみた

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

ロードバイクの専門用語で
「ケイデンス」というものがありますね。

弱ペダの坂道くんにハイケイデンスクライムという
素晴らしい特技があるため、
なんとなく回すことだという事は分かりますが
実のところケイデンスとは何か、という事をよく知らない私。

という訳で、今回は初心者向けに
ケイデンスとは何か?という事と
測定方法について調べてまとめてみました!

スポンサードリンク

ケイデンスとは何か?測定方法も調べてみた【ロードバイク初心者】

では早速、ケイデンスとは何か?を
書いていくことにします。

ずばり、ケイデンスとは

1分間にペダルを回す回数のこと。

ケイデンスの数は「rpm」という単位で表します。

つまり、60rpmだと1分間に60回ペダルを回した、
という事になるのです。


このケイデンスがなぜ重要視されているかというと、
ケイデンスの数値が高いのと低いのとでは
走っている時の身体の使い方に大きな差があるから。

低いケイデンス(回転数が少ない)だとギアが重めなため
ペダルを踏むのに多くの力が必要になります。

そうなると筋肉を多く使うことになり、
疲労物質がたまりやすくなって
長い時間走れなくなります。


それに対して高ケイデンス(回転数が多い)だと
ギアを軽めにしてくるくる回せるため
筋肉を無駄遣いしないで済みます。

そうすればロングライドの後半でも
疲れにくくなるんですね。

ただし、高ケイデンスだとより多くの酸素を必要とするため
呼吸数・心拍数が多くなり、心臓に負担がかかるという
デメリットがあるのです。

スポンサードリンク

では、どれくらいのケイデンスがいいのか?
という事が気になってきますよね。

疲れにくく、心拍数を上げすぎないケイデンスは
ロードバイクの場合には

70~90rpm

だと言われています。


90rpmは速く走ることを目的とする人、
レースに出場する人などに推奨されている回転数。

そして70rpmは身体に負担をかけずに
長く走りたい人、つまりロングライドしたい人向けの回転数、
なんだそうです。

初心者だったらまずは70~80rpmを目標にすれば良さそうですね。

ただし、この数値はあくまで一般的な話なので
自分で試してみて、
自分の身体に合った、疲れにくく効率よく走れる
ケイデンスにしていくのが重要だそうです。


では、ケイデンスの測定方法はどうすればいいのでしょうか。

一般的な方法としては、
ケイデンス測定機能がついている
サイクルコンピューター(サイコン)を
使うのが一番手軽でおすすめです。

ケイデンス測定機能のないものに比べて
あるものだと値段が多少高くなりますが
長くロードバイクを楽しみたいなら
ケイデンス測定機能付きのものが良さそうです。

私もケイデンス測定機能付きのサイコンに
変えようかかなぁ・・・。

以上、
「ロードバイクのケイデンスとは?
初心者向けの目安と測定方法も調べてみた」
でした^^

スポンサードリンク

関連記事

ロードバイクのおすすめ映画!「茄子 スーツケースの渡り鳥」の感想とレビュー。

ロードバイクのビンディング坂道練習!超初心者な私がこだわった練習方法とは。

【おすすめ本】「自転車で遠くへ行きたい。」をようやく読んだ。ロングライドを目指す...

ビンディングシューズの選び方、その2!初心者はここに注目すべし!【ロードバイク初...

カペルミュールのクラシカルなおしゃれさにクロモリが欲しくなる。【ロードバイク初心...

NO IMAGE

ロードバイク乗りの女性・男性に!日焼け止めの選び方!SPF値は高くなくてもいい【...