坂道の基本姿勢も元オリンピック選手に教わりました。基本は平地と変わらない。【ロードバイク初心者】

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、ロードバイクでロングライド修行中の初心者アラフォー女、nicoです。

ここ最近の記事でロードバイクのフィッティングを受けてきた話を書きましたが、その時にロードバイクを効率よく漕ぐための基本姿勢も教わりました。
さらに、坂道を登る際の姿勢についても教わったので今回ご紹介したいと思います^^

スポンサードリンク

元オリンピック選手に教わった、坂道での基本姿勢。基本ポジションは同じで重心だけを意識する。【ロードバイク初心者】

江ノ島のリンケージサイクリングさんでフィッティングサービスを申しこんだ私。
(詳しくは過去記事をどうぞ→フィッティングサービスを受けてきました!【その1】

アテネオリンピック出場経験もある田代恭崇さんがベストフィッティングを行なってくれ、さらには効率よく走る際の基本姿勢も教えていただきました。
(平地の基本姿勢はこちら→ロードバイクの基本姿勢を元オリンピック選手に教わったら劇的にペダリングが変わった話。

そして、立ちごけして以来、坂道が大の苦手になっていた私は坂道をのぼる時の効率よいペダリングとフォームについても聞いてみました。

すると、田代さんいわく「坂道でもフォームは基本的に同じ」なんだとか。

坂道での基本姿勢や、気をつけるポイントについて教わったのは以下の通り。

・坂の時も野手のポーズ(前回の記事の基本姿勢を参照)は変わらない。
ただし普通にやると後傾(後ろ重心)になって登りづらくなるので、立ち乗り的に前ぎみになって、力をかけてペダルを踏める位置に重心を持ってくると良い。
・坂道でも前を向いてお腹に太ももを引きつけられるポジションであることは変わらない。
・漕ぐ時に踏む足側の腕でハンドルを軽く引き寄せる用にすると登りやすい。

これが田代さんから教わった坂道での基本姿勢とペダリング。

スポンサードリンク

つまりは

平地でも坂でもやる事は変わらない。
野手のポーズをとって、お尻を上げて、腕はブラブラ。
太ももをお腹にひきつけて回し、しっかりと力を入れて踏める場所に座るだけ。

ってことです。

基本姿勢やペダルの回し方は変わらないけど、後ろに引っ張られて力が逃げないように重心をペダルの上に置くってことですね。
(だから前方に座ると良いと言われてるんですねー)

うんうん、本なんかでサドルの前部分に座るといい、というのを良く読むけど、あれは前部分に座ることよりも、ペダルに力をのせて回せる位置に重心を移動させる、ということが目的だったんですね。

それだけを読むと、坂道では坂道に合わせた別のフォームを覚えなければいけないように感じてパニックになってしまいますが、効率よくペダリングをするためのフォームはいつでも同じで、坂道では重心の位置が変わってくるために身体の位置を変える必要がある、ということなんだそうです。
(変えるのは位置だけで、フォーム自体は変わらない)

坂道でも基本姿勢は平地と同じであれば初心者でも分かりやすいですね^^

以上、
「坂道の基本姿勢も元オリンピック選手に教わりました。基本は平地と変わらない。【ロードバイク初心者】」
でした。

スポンサードリンク

関連記事

NO IMAGE

立ちゴケして本当だと分かった5つの事【前編】ビンディングの使い始めには覚悟すべし...

ロードバイクで肩こりになる原因とは?乗っている間に肩が張るのはこんな理由だった。...

NO IMAGE

ロードバイク初心者が走るべき距離は?【後編】ロングライドしたくても最初は短めに!

日焼け止めを塗り忘れがちなポイントはここ!ライド中のメイク崩れを防ぐためのひと手...

NO IMAGE

ビンディングシューズ購入その1!ロードバイク初心者女がショップに行ってみた【ロン...

ヒルクライムの楽しさがわからない。坂って辛いだけじゃないの?【ロードバイク初心者...