初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

ロードバイクの曲がったドロップハンドル。
初めて乗る初心者にはとっつきにくいものに感じますよね。

そこで今回は、ロードバイクのハンドルの
基本の握り方を画像付でご紹介します^^

スポンサードリンク

ロードバイクのハンドル、基本の握り方まとめ!【画像付き】

ロードバイクと言えば誰もが想像するのが
あの曲がったドロップハンドル。

他の自転車のハンドルと違う形状のため、
ロードバイクがとっつきにくく感じるようです。

ですが、ロードバイクのドロップハンドルは
あの独特の曲がった形状だからこそ
色々な姿勢に対応でき、
長く、速く走ることができるのです。

そこで今回は、初心者の方向けに
ロードバイクのハンドルの基本の握り方を
画像付で解説していこうと思います。
(一人で撮影したので片手だけですみません)


・ブラケットを握る

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88

曲がったハンドルからにょきっと出ているツノのような部分を
「ブラケット」と言います。
そのブラケットを握ると、最も基本的なロードバイクのハンドルの
握り方となります。

ブラケットを握っている時には、基本的には
人差し指と中指をブレーキハンドルにかけておいて
いつでもブレーキをかけられるようにしておきましょう。
指二本だとブレーキをかけにくい、という人は
ブレーキをかける際に薬指も合わせて三本指でかけてもいいですね。


・上ハン

%e4%b8%8b%e3%83%8f%e3%83%b3

ハンドルの上の部分を持つ握り方なので「上ハン」と呼ばれています。
上ハンは上体が起きるので楽に走れますが、
ブレーキをかける事ができないため
見通しの良い道をのんびり走る時などに握ります。

また、上ハンだとやや重心が高くなり不安定になるので
ガシガシ漕ぎたいときには不向きです。

スポンサードリンク

・下ハン

%e4%b8%8b%e3%83%8f%e3%83%b3

これぞロードバイク!という感じの握り方ですね。
ハンドルの下を握るので「下ハン」と呼ばれています。

下ハンを握ると上体がかなり前傾するため
姿勢がきつくなりますが、
その分風の抵抗を減らせたり
力が伝わりやすいポジションになるため
本気で漕ぎたい時に向いています。
(私はほとんど使いません・・・汗)

下ハンを握るときはこのようにブレーキもかけられます。

%e4%b8%8b%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%ad

4本指でひっかけられるのでしっかりブレーキがかけられますよ。


はい、この3つがロードバイクのハンドルの基本の握り方です。

ロードバイクのドロップハンドルは、
複数の握り方をすることができるため
ロングライドの際にも姿勢を少しずつ変えることができ、
同じ姿勢で走ることで蓄積される疲れを軽減することが
できるんですね^^

初心者の方であれば、まずは
ブラケットを握るのと、上ハンだけでも充分なので
少しずつ慣れていきましょう!

以上、
「ロードバイクのハンドル、基本の握り方まとめ!
【画像付き】ドロップハンドルのメリットとは」
でした^^

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ