ロードバイク初心者にこそ、ロングライドイベントをおすすめしたい4つの理由。

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、ロードバイクでロングライド修行中の初心者アラフォー女、nicoです。

何度も同じ話をして恐縮ですが、少し前にツールドちばに参加して、人生初のロングライドイベントを完走してきました(制限時間ギリギリだったけどね^^;)!

参加する前はただ長い距離(123.5km)を走るだけだと思っていたのですが、参加して完走し終わった現在、ほんのちょっとだけ私の走りがレベルアップしたことを感じています。

なので今では、ロングライド初心者やロードバイク初心者にこそロングライドイベントに参加してみて欲しい!と思っています。

今回は、私が初心者にロングライドイベントをおすすめしたい4つの理由をご紹介します^^

スポンサードリンク

ロングライド初心者だからこそロングライドイベントに参加すべき!レベルアップできる4つの理由とは。

ロードバイク初心者やロングライド初心者の中でも、特にロングライドイベントへの参加をおすすめしたいのが、普段一人で走っている人。

「ロードバイクに慣れていない」「速く走れない」「一人の方が気楽」「一緒に走る仲間がいない」など、一人で走る理由は人それぞれかと思いますが、
一人でばかり走っているとずっと自分なりの楽なペースで毎回走ってしまうので、レベルアップするのが遅くなってしまいます。

私は「一人でマイペースで走るのが好き」という理由で一人でばかり走っていたので、まさにそうでした。

ですが、ロングライドイベントに参加すると、当然ですが沢山の人と一緒に走ることになります。

グループを作って走らなかったとしても、まわりには沢山のライダーがいますから、その人達と一緒に走って、その人達を見ているだけで勉強になることがたくさんあるのです。

スポンサードリンク



私が初めてのロングライドイベントで勉強になった!進歩できた!と思ったことは以下の通りです。

【ロングライド時の補給や休憩のタイミングが分かり、身体で実感できる。】

私は一人で走っている時には10キロごとにがっつり休憩をして、その分走りきるまでにかなり時間がかかっていました。
ですが、ロングライドイベントでは制限時間がありますし、休憩ポイントでもあるエイドステーションなどはだいたい20~40キロごとに設定されています。

なので、休憩や補給の間隔が自然と長めになり、「こんなにまとめて走るんだな」という風に休憩や補給のタイミングが変わってきます。

少し頑張れば自分が思っている以上に長く走れるので、その時点での自分の身体の許容範囲を把握する目安にもなると思います。
(もちろん、無理しすぎは禁物!補給は必要な分しっかりして、辛ければ休憩しましょう)

【他の人の走り方やペースを学べる】

これは上で書いた休憩のタイミングもそうですが、それ以外にも走る時に道路のどこを走るか、どんな風にギアを使うか、どれくらいペダルを回すか、車とのコミュニケーションをどうとるか、など本当に沢山のことが学べます。

ベテランライダーさんは色々なことを知っていて、速く走る方法だけではなく、効率よくストレスの少ない走り方を学べるので、自分の走りに取り入れることができます。

スポンサードリンク



【走れる自信がついて、距離感覚が長くなる】

私の場合、これはすごく大きかったです。
123.5キロを完走して、「100キロは走れる」という自信がついたので、今は50キロ80キロぐらいは大したことない距離に思えるようになりました。
以前は80キロなんて長い!大変!と思っていたのに^^;

ロングライドイベントに参加すれば、できるだけ完走しようと思いますから、無理矢理にでも一度長い距離を走りきれば、それが自信になって走れると思う距離が長くなります。

「自分でもこんなに長い距離を走れるんだ!」と思えるので、「頑張れば150キロも夢じゃない!」と前向きに考えられるようにもなります。

【走ることに慣れる】

これも大きいですねー。
イベントではまわりのライダーさんを見て、色んなことを学びながら実際に試しつつ走れるので、たった一日でロードバイクとより仲良くなれた感じがありました。
それまでよりもロードバイクで走ることに慣れられるんですよね。

乗っている時間が長いと後半は疲れてくるので、そういう時にエネルギーのロスをしないようにどう無駄なく効率よく走るか、ということを体感できるからかもしれません。

スポンサードリンク



いかがでしょうか?

この4つの理由から、私はロードバイク&ロングライド初心者の方にロングライドイベントへの参加をおすすめしています^^

長い距離だと走りきれる自信がないというのも分かりますが、そこでためらっていてはもったいない!

イベントのコースは参加者が走りやすいように考えられ、工夫されているので、一人で普段走っている時よりも確実に走れるはずです。

それにイベントだとテンションも上がっているので、普段は無理目な距離やコースでも走りきれてしまう可能性が高いんです!

もちろん、何もできない人がぶっつけ本番で完走できる訳ではないですが、事前にきちんと練習して本番にのぞめば、大体は完走できるはず。

長い距離を走りきれるか自信がないロードバイク初心者にこそ、思い切ってロングライドイベントに参加してみて欲しいです!

色んな意味で、今の自分よりも一段レベルアップするためには手っ取り早い方法だと私は思います^^

もしくは、かなり走れるベテランローディと知り合いで一緒に走れるのであれば、その人に色んなところに連れまわしてもらうのも同じ効果がありますね。

ですが、一人で走ることが多いロードバイク初心者なら、一緒に走ってくれるサポートライダーやペースメーカーがいる、初心者ウェルカムなロングライドイベントがおすすめです!

まだ一回しか参加していない私が言うのも何ですが、私ですら一回でかなり劇的な変化を体感できたので、是非とも試してみて欲しいです!

↓それでも不安な方はこういう本で予習してみるのもおすすめです^^

以上、
「ロードバイク初心者にこそ、ロングライドイベントをおすすめしたい4つの理由。」
でした^^

スポンサードリンク

関連記事

NO IMAGE

【ロードバイク】ギアチェンジの方法!基本はこぎながら!たすきがけNG!【初心者向...

フィジークの女性用サドルにブラックカラーが登場。数量限定なのでクール好き女子は急...

輪行用の手袋は100均の薄いゴム製がおすすめ!かさばらずしっかり手を守ります。【...

Rapha(ラファ)のジャージ&おしゃれアイテムに憧れがとまらない。【ロードバイ...

タクシーで輪行はできるの?楽したい私が調べてみた。【ロードバイク初心者】

ロードバイクのビンディング坂道練習!超初心者な私がこだわった練習方法とは。