初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

レーパンのパッド

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、ロードバイクでロングライド修行中の初心者アラフォー女、nicoです。

少し前に、冬用レーパンにしてからお尻が痛くなった、という話を書きました。
そして先日、久しぶりに春夏用レーパンを履いてみて、やはりレーパンによってお尻の痛み具合が違うことを再確認。

今回は、女性特有の痛みの原因の一つが、レーパンにあるのではないか、という話をしてみたいと思います。

スポンサードリンク

女性特有の股の痛み。サドルだけではなくレーパンによっても違うかも。【ロードバイク初心者】

以前、冬用レーパンにしてからお尻が痛い、という話を書きました。
(参考記事:冬用レーパンでお尻が痛かった件のその後を報告してみる。

私が買った冬用レーパンはこちら。

せっかくなので、お尻部分のパッドを普通のものではなく、厚手のメガパッドのものにしてみました。

ちなみに、それまで履いてた春夏のレーパンはこれ。

パッドは普通のもので、特別厚いものではありませんでしたが、そこまでお尻がひどく痛くなることもありませんでした。

ですが、上で紹介したメガパッドのものにしたところ、お尻の痛みが出るように。

寒がりの私は冬なんて一回30キロぐらいしか走らないのに、それでもお尻が痛い。

あまり大きな声では言えませんが、「お尻が痛い」というよりも、「マタが痛い」という感じ。

スポンサードリンク

えーっと、サドルに当たっている部分で言うと、後ろの幅が広くなっている部分ではなく、前の細くなっている部分が痛くなるんですよ。
この部分が圧迫されて痛いんですよね。

ロードバイクにおける女性特有の痛み、とも言えると思います。

春夏用レーパンの普通パッドでは痛くなかったのに、冬用のメガパッドでは痛くなる。

て事は、サドルとかポジションよりも、パッドの厚さや形状が問題なのかも?という疑惑が。

春夏用と冬用のレーパンのパッドの違いはこんな感じ。
レーパンのパッド
右の紫が春夏用、左の黄緑が冬用です。
ぱっと見ただけでも、前部分の厚さが違うのが分かります。

以前の記事でも書きましたが、冬用レーパンも数回履いて洗濯したりした後はパッドが少しへたってきたのか、痛みは少し減りました。

で、暖かくなってきたの久しぶりに春夏用レーパンを出して履いてロードバイクで40キロ以上走ってみたところ・・・

痛くない!!

女性特有の、サドルの前部分の圧迫されるような感じとか、その部分の痛みはほぼありませんでした!

やっぱり、パッドの厚さや形状の問題だったんじゃーん。

厚い方がお尻が守られるかな、と思って冬用はメガパッドを買ったのですが、お尻やマタ全体に完璧にフィットしなければ痛みにつながることもあるんですね・・・。

私の場合、お尻の後ろ側には厚いパッドでもいいけど、前側に厚いパッドがくると圧迫されて痛くなるようです。

特に冬用レーパンは素材の関係で春夏よりも下半身にフィットしにくいというのも原因だったのかも。

まだ100キロを走っていないので分かりませんが、もっと長く走るようになったら出てくるはずの、お尻の後ろ側の痛みをメガパッドで軽減させるべきか、それとも前部分の痛みを減らすために普通パッドで我慢するべきか、非常に迷うところです・・・。

とりあえずは、秋ぐらいまでにはロードバイクで100キロ近く走れるようになる予定なので、普通パッドでこのまま試してみたいと思います(`・ω・´)

女性特有の痛みに悩んでいる方は、レーパンのパッドを変えてみるという選択肢もアリかもしれませんよ。

以上、
「女性特有の痛みが改善!レーパンのパッドの形状で痛さが変わった話。【ロードバイク初心者】」
でした!

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ