ロードバイクの電動ポンプをとうとう購入!ウオミのスマートエアポンプM1を使ってみた。【ロードバイク初心者】

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、ロードバイクでロングライド修行中のアラフォー女、nicoです^^

長い間欲しいと思っていた電動の空気入れを、とうとう買ってみました!!

今回は電動空気入れウオミの「スマートエアポンプ M1」について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

念願だったロードバイクの電動ポンプをとうとう購入!ウオミのスマートエアポンプを使ってみた。

ロードバイクのタイヤに空気を入れられる電動ポンプがあると言うことを知り、私はずっと欲しいと思っていました。

その理由はただ一つ、手動で空気を入れるのがめんどくさいから(´Д` )

面倒くさがりな私にとってロードバイクの空気入れはかなりおっくう。

ちょっと走りに行きたいだけなのに、その前に大変な空気入れ作業をしなければならないと思うと腰が重くなってしまいます。

 

そんな私がロードバイクのタイヤに空気を入れられるウオミの「スマートエアポンプ M1」という電動式ポンプの存在を知り、

「あの大変な空気入れ作業を自分でしなくていいなんて!」と憧れ、ずっと欲しいと思っていました。

自宅で空気を入れる時だけではなく、ロングライドの時のパンク時や飛行機輪行後の空気入れの時のためにも欲しかったんですよね。

空気入れにしてはややお値段が張るので、購入までに時間がかかってしまいましたが、この度買うことができました!

 

今回購入したのはこちら。

UOMI(ウオミ)「スマートエアポンプ M1」です!

この商品は電動で自転車やボールなどに空気を入れることができるという優れもの。
自分でポンピングしなくて良いので、空気入れ作業が非常に楽になります^^

 

中身を開けてみたらこんな感じでした。
1
左下が本体、そしてシリコンカバーとナイロンのカバー、 充電用ケーブルやアダプター、空気を入れるためのホースなどが付属品としてついていました。

2
本体を手で持ってみると結構ずっしりきます。
携帯用ポンプとしてはかなり重い部類なのではないでしょうか。

スポンサードリンク

正直「これをもって走るのか・・・」 と思ってしまいますが、出先でパンクした時に携帯用の小さな空気入れで自分でポンピングすることを考えると、これぐらいの重さには目をつぶれます。

測ってみたら440グラムぐらいだったので、500mlのペットボトルの中身が7割ぐらい入っている重さですね。

 

早速コンセントに差し込んで充電します。
3
赤いランプは電力不足状態。
ランプが黄色になったら高充電、緑色でフル充電になるそうです。

4
ランプが緑色になってフル充電になったので早速入れたい気圧を設定します。

このスマートエアポンプは空気を入れている間に放置しても設定した気圧まで来たら自動的にポンピングを止めてくれるので、チューブが破裂する心配がないのも嬉しいポイント。

気圧の設定は電源を入れてから行います。

 

早速丸い電源ボタンを長押し。

あれ?うまくいかないな。

もう一度長押し。

5
シーン。

 

取扱説明書には「丸い電源ボタンを3秒以上長押しすることで電源が入る」と書かれていますが、最初に一瞬だけ数字が表示された後にすぐ消えてしまいます。

何度やっても同じ状態(´Д` )

スポンサードリンク

慌ててネットに書かれている使い方を参考にしようと色々見てみましたが、そこで衝撃の事実が発覚!

この電動ポンプでは、私のロードバイクのタイヤのMAX気圧まで入らない(´Д` )

こちらのウオミ「スマートエアポンプ M1」で入れられる最大気圧は100Psiまで。

100Psiでは私が乗っているロードバイクのタイヤの適正気圧にはかなり不足してしまいます。

何で買う前に気圧を確認しなかったんだよ私!!_| ̄|○

 

ここで私は考えた。

この後どうするべきか。

電源が入らないと言う明らかな初期不良なのでお店に言えばすぐに交換してもらえるはず。

ですが、思っていた以上に入れられる気圧が低かったため、このポンプを持っていてもそこまで使うことはなさそう。

ロングライド中のパンク時や、飛行機輪行後の空気入れに使えるかとも思いましたが、適正気圧まできっちり入れられないのであればあまり意味がない様な気も・・・。

 

いろいろ検討してみた結果、現時点ではこの電動ポンプはなくても良いのでは?という結論に達しました。

(賛否両論ある様ですが、飛行機輪行の際にタイヤの空気を抜かなくても平気だと言う人も結構多い様なので・・・)

というわけで、初期不良のために返品と返金をお願いすることにしました。

もちろん入れられる空気圧をしっかり確認していなかったのは私のミスですが、初期不良だったことも事実なのでさせていただきました。

ちなみにウオミでは今後さらに高気圧を入れられる電動ポンプを開発して行く予定だそうなので、私のロードバイクのMAX気圧まで入れられるポンプが発売されたら絶対にそれを買おうと思います!!(`・ω・´)

それまでは面倒くさがらずに手動で毎回空気入れを頑張ろうと思います。

※出先でパンクした時にとりあえず走れるレベルにしたい!というぐらいであればウオミのスマートエアポンプM1でも充分使えます。
小さい携帯ポンプで手動でやりたくない!という方にはかなりおすすめ。

以上、「ロードバイクの電動ポンプをとうとう購入!ウオミのスマートエアポンプを使ってみた。【ロードバイク初心者】」でした。

スポンサードリンク

関連記事

ナビタイムで自転車ルートを簡単に検索する方法をご紹介。【ロードバイク初心者】

自転車の夏の暑さ対策にはアイスタオルがおすすめ!使い方も簡単で冷たさ持続!【ロー...

ロードバイク初心者が挫折・放置してしまう5つの理由!「買ってみたけど乗ってない」...

輪行旅行用バッグのおすすめ5選!普段の荷物もスマート&スタイリッシュに収納!【ロ...

【ロードバイク】ジャージの洗濯方法をご紹介!案外簡単にできる洗濯法とは?

NO IMAGE

ロードバイクにベルは必要?私がベルをつけることにした理由【前編】