初めてロングライドイベントに参加する前に私が準備した全てのこと。【ロードバイク初心者の備忘録】

参加証

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、ロードバイクでロングライド修行中の初心者アラフォー女、nicoです。

先日、人生初めてのロングライドイベントとしてツールドちばに参加した私。

前半アップダウンのある123.5キロを普通に完走できる自信なんてまったくないし、ロングライドイベントに参加する勝手も分からない。

という訳で、やや時間をかけて準備し、初イベントにのぞみました。

自分の備忘録として準備したことを書いていこうと思いますが、私と同じように初めてイベントに参加する方や、完走できるか自信がない、という方の参考になれば嬉しいです^^

スポンサードリンク

人生初、ロングライドイベントに参加!無事に完走&イベントを終えるために私が準備した全てのこと。【ロードバイク初心者】

では早速、ロングライドイベントに参加するまでに私が準備したことを時系列で書いてみようと思います。

【数ヶ月前】

ネットでイベントの参加申し込みをして参加費を支払う。
イベント前後に宿泊が必要だったので、スタートとゴールに近い宿を調べて予約。
※参加申し込み開始日はイベントによって違うので注意が必要
※※人気イベントでは宿もすぐに埋まってしまうため早目の予約が無難

【2週間前】

ロードバイクの装備、必要なウェアを確認。
イベントのサイトで参加のために必要な装備を確認。
だいたいはライト、ベル、ブレーキの装備、ヘルメット、グローブ、などの着用が義務付けられている。
イベントによっては自転車屋での車検が必要な場合も。

スペアチューブを一本しか持っていなかったのでもう一本購入。
チューブ

※ロングライドイベントではスペアチューブを2本持つ事が望ましい
チューブの選び方はこちらをどうぞ
※※タイヤ交換に必要なキット(タイヤレバー、携帯ポンプ)も持っておくべし!

【一週間前】

練習のために99キロを走ってみた

輪行して荷物が多かったとはいえ、ジャージのバックポケットがぎゅうぎゅうなのは使いにくいし、物をなくしやすいので追加のバッグが必要だと判断。
(この時日焼け止めをなくして痛感)

荷物と、多めに持っておきたい補給食を収納しておく場所がない事に気づき、アピデュラのトップチューブ用バッグを購入。
アピデュラ トップチューブバッグ3

スポンサードリンク

この日にハンガーノックになったため補給食も多めに購入してイベントに持参することに。
補給食
消化しやすいジェル系と、コンパクトだけとしっかりカロリーを摂れるミニ羊羹を購入。
ライド後半では疲れを残さないようにプロテイン入りのジェルを飲むことに。

イベント会場近くのコンビニで買う方が荷物が少なくなるが、売り切れが怖いので持参する。

練習時に日焼け止めをなくしたのでこれも再度購入。

参加証、車検証、イベント要項などが到着。
参加証
自分で車検できたため、チェックしながら車検証に記入する。

装備の欄を読んでみたら、フロントライトが弱いかもと思い直したため、新ライトも購入。
knog pwr commuter7

また、集団で走ることに慣れていないので、最低限必要そうな手信号を覚えた。

【6日前】

持参する持ち物をチェック。
イベント参加は初めてなので時間がかかったが、リストを作って次回に備える。

ツールドちばは走る時に荷物を一つだけ預けられるので、荷物が一つになるかもチェックした。
頭痛薬やカイロ、養生テープなど必要そうなものを買い足した。

万が一のときのために健康保険証のコピーをとって持参することに。

自宅からイベント会場への往復ルートを確認。
宿への電車ルートとだいたいの時間、輪行で移動する時間の余裕を確保し、スケジュールを確認しておく。

スポンサードリンク

【5日前】

とにかく坂道に自信がなかったため軽く坂道練習。
近所の坂道を繰り返し7キロ走る。
7キロ

【4日前】

同じく近所の坂道を10キロ走って練習。
10キロ

【3日前】

坂道練習したかったが気分がすぐれず断念。

【2日前】

またもや気分がすぐれず練習を断念。

持ち物をリュックに入れ、パッキングする。

↓こういうリュックがあると便利そう・・・。

【イベント前日】

前泊の宿まで輪行で移動。
昼食、夕食は炭水化物の割合を多くしてカーボローディングを意識。
イベント用の飲み物や足りない補給食、イベント前の食事をコンビニで購入。

前日受付で参加証を渡し、ゼッケン等をもらう。
翌日走る時に使うものを用意し、ジャージにゼッケンをつける。

↓ジャージに穴をあけないゼッケン留めもあるんだそう。次回はこれ使いたい!

走っている時に不要な荷物を一つにまとめる。

スポンサードリンク

【イベント当日】

普段は朝食抜きだけど、朝食にコッペパンやおにぎりなどを良く噛んで、炭水化物をしっかりとる。

荷物を預け、スタート地点へ向かう。

ライド後半やライド後はプロテインを飲んで疲労回復につとめる。

翌日帰宅のため、イベント後はゴール地点近くの宿に宿泊。
ストレッチやマッサージなどをしっかりして疲れを残さないようにする。

【イベント翌日】

筋肉痛や疲れが残っているため、無理せず輪行して帰宅。

帰宅後はロードバイクや小物などをきれいにし、ジャージ類を洗濯して終了!

いかがでしょうか?

たった1日のロングライドイベントの準備に時間かけすぎだよ!と思われるかもしれませんが、初めてで分からないことだらけなので仕方ない。

一週間前からそわそわして、何か忘れ物しないか、荷物をちゃんと持ちきれるかなど心配になりながら過ごしていましたが、時間をかけただけあり、スムーズにイベントを終えることができました!
(スムーズじゃなかったのは走りだけ)

初めてイベントに参加する場合、練習以外に何をすればいいか分からないことも多いと思うので、この記録がお役に立てば嬉しいです^^

以上、
「初めてロングライドイベントに参加する前に私が準備した全てのこと。【ロードバイク初心者の備忘録】」
でした。

スポンサードリンク

関連記事

エアロホイール

ロードバイクのホイールの違いって?交換するメリットはこんなにあった!【ロードバイ...

%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%b3%ef%bc%92

冬用レーパンを買ってみた。パールイズミのウィンドブレークメガタイツの評価&レビュ...

%e9%9f%b3%e6%a5%bd

ロングライド中に音楽を聴く方法まとめ!イヤホンは使っちゃダメ!【ロードバイク】

0630df7e2323f1040b66ca5b9fea77cc_s

ロードバイクのタイヤの種類を解説!タイヤ選びの基本をおさえよう【ロードバイク初心...

tsu875_rtaisetu_tp_v

ロングライド時の胃腸の疲れを解消!4つの対策で快適ロングライド【ロードバイク】

NO IMAGE

【ロードバイク】ビンディングペダルに交換【その2】フラットペダルからのやり方を公...