【ロードバイク】ギアチェンジのタイミングを知ろう!坂道だけじゃない変速のタイミング【初心者向け】

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

前々回から、ロードバイク初心者に向けて
ギアチェンジの基本方法を解説しています。

今回は、坂道などのギアチェンジをするべき
タイミングについて解説していきます。

スポンサードリンク

【初心者向け】ロードバイクのギアチェンジのタイミングをまとめてみた

今回も、初心者向けにロードバイクのギアチェンジの
基本の方法とコツをお伝えしていきます。

今回は、ロードバイクでスムーズに走行するための、
ギアチェンジをするタイミングについてまとめてみました。


・発進するとき(リアを軽くする)

信号などで停止した後にまた発進するときには
ギアが軽い方がスムーズに漕ぎ出せます。
そのため、リアをシフトダウンして軽くしておくのが有効。

前にも書きましたが、完全に停止している時に
ギアチェンジをするのは良くないので
停止する前にリアのギアチェンジをして
あらかじめ軽くしておいてから停止するといいですね。

・速度を速くしていくとき(リアを重くする)

もう少し速く走れそう、と思ったら
リアのギアを重くしていきましょう。

この時、一気に2段、3段と変えるのではなく
一段ずつ重くしていくのが基本です。
一気に変えるとギアに負荷をかけます。

スポンサードリンク

・坂道を登る前(フロントを軽く)

大幅にギアを軽くしないと登りきれないような坂道は
リアを何段階も軽くするよりも
フロントをアウターからインナーにして
一気にギアを軽くすると登りやすくなります。

ただし、坂道に入ってからギアチェンジをすると
負荷がかかっている状態なので
チェーンやギアにとって良くありません。
かならず坂道にさしかかる前のタイミングで
フロントのギアチェンジをしておきましょう。

・疲れてきたとき(フロントを軽く)

ロングライドの後半などで脚が疲れてきたと思ったら
フロントのギアをインナーにして軽くすると
ペダルをくるくる回せて走りやすくなります。

力を入れて踏み続けると疲れやすくなるので、
できるだけ無理なくペダルをくるくる回せる状態を
保つようにすると長く楽に走ることができます。

以上、
「【ロードバイク】ギアチェンジのタイミングを知ろう!
坂道だけじゃない変速のタイミング【初心者向け】」
でした。

スポンサードリンク

関連記事

【ロードバイク】ギアチェンジ用語まとめ【前編】ロー&トップ、インナー&アウターっ...

【ロードバイク初心者向け】坂道を少しでも楽にのぼる方法を調査!坂道の基本の上り方...

【ロードバイク】股の痛みを改善する7つの方法!200kmのロングライドもOK!

ロングライドイベントに初参加して見えた、5つの問題点と課題。【ロードバイク初心者...

ディスクブレーキのメリットデメリットは?とうとうロードバイクにもディスクブレーキ...

ロードバイクのおすすめ本!「ロードバイク完全レッスン」(西加南子)の感想とレビュ...