初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

ロードバイクの頭痛対策!夏のロングライドで注意したい2つのポイントとは

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

相変わらず夏の暑さが苦手で
ロングライド練習ができていない私。
のぼせやすい体質らしく、
夏の暑い時に無理して走ると頭痛がしてくるのです。

という訳で今回は、夏にロードバイクで走る際に起こる、
頭痛の原因と対策を調べてみました!

スポンサードリンク

夏にロードバイクで走ると頭痛する人は案外多い?!

夏にロードバイクで走るのは気持ちいいものですが、
近年、夏の気温はかなり上がってきているため
身体のサインをきかずに
無理してロングライドを続けると命の危険にまで及ぶことも。

そのサインのひとつが頭痛です。

何度もここで書いている通り、
私は暑さに弱い体質で
いったん身体が熱をもってしまうと
頭痛やめまいなどが起こってしまうのです。

なので、ロードバイクに乗っているときはもちろん、
普通に歩くだけでも夏場は気をつけないと
頭痛がしてしまいます。


ですが、私の目標とするホノルルセンチュリーライドを
楽しく完走するためには頭痛が起こらないように
工夫しなければいけない!

という訳で、今回は夏のロードバイクで起こりがちな
頭痛の原因と対策についてまとめてみます。


ではまず、夏にロードバイクで走ると
なぜ頭痛が起こるのか?

原因の一つはロードバイク特有の前傾姿勢。

前傾姿勢をとることで
普段使わない筋肉で頭を支えているために
首や頭の後ろ側の筋肉が緊張して
頭痛が起こってしまうというものです。

ですが、こちらは夏だけではなく
ロードバイクの前傾姿勢に慣れていない人なら
いつでも起こってしまう可能性があります。


もう一つ、夏特有の原因として考えられるのがずばり、

熱中症です。

やっぱりね、という感じですが^^;

スポンサードリンク

ロードバイクは他のスポーツに比べ、
ヘルメットをかぶっていることや
屋外で長時間行うために
熱中症による頭痛が起こりやすいです。


では、夏にロードバイクで走る際に、
どのように頭痛や熱中症を予防すればいいのでしょうか?

調べてみると、2つの対策法があると判明したので、
以下に挙げていきます。


・体温を上げない

これは熱中症と頭痛対策の基本中の基本。
体温を上げないために「熱がこもらないような服装をする」、
「水分をマメに補給する」「暑いと感じたら水をかぶる」
「首筋を冷やすクールバンダナ(保冷機能のあるもの)などを使う」
などをこころがけましょう。

・栄養をきちんととる

ロードバイクで走ると、カロリーをかなり消費します。
普通に食べているだけではすぐにエネルギー不足になり、
「ハンガーノック」と呼ばれるガス欠状態となって
動けなくなる可能性も。

それに加え、夏は汗をたくさんかくため
体内のミネラルを失ってしまい、
それが熱中症の原因にもなります。
エネルギー源となる糖分、炭水化物、
ミネラルをとれる塩分や食事、タブレットなどを
しっかり補給しながら走ることが大切です。


いかがでしょうか?

やっぱり夏場の頭痛は熱中症のサインだったんですね(´Д` )

これらを知らなかった頃は
頭痛やめまいがしはじめた時点で
涼しい場所に避難したので事なきを得ましたが、

100キロ以上を走らなければならないロングライドイベントなどで
完走するためには、あまり長い時間休憩していられないですよね。

イベントを楽しみながら完走するためには
あらかじめ体温を上げないように、
そしてきちんと必要な栄養をとれるように
準備しておくことが大切なようです。

イベント前の練習段階である現時点でも、
夏の熱中症と頭痛には気をつけないといけませんから
これらを心がけてロングライド練習をしていこうと思います!

以上、
「ロードバイクの頭痛対策!
夏のロングライドで注意したい2つのポイントとは」
でした。

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ