ロードバイクに乗っても痩せない原因は?どうすれば効率よく痩せるのか。

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、ロードバイクでロングライド修行中の初心者アラフォー女、nicoです。

ロードバイクに乗っていれば痩せる!と一般的に言われていますし、このブログでもそう書いてきました。

ですが、ロードバイクに乗っているのに全然痩せない!という人も中にはいるようです。

今回はロードバイクに乗っているのに痩せない原因について、そしてどうすれば効率よく痩せるのかについてを考えてみました!

スポンサードリンク

ロードバイクに乗ってても痩せない人のNG行動!どうすれば痩せるのかを考えてみた。

ロードバイクはダイエットに良いスポーツとして人気ですよね。

ダイエット目的で始める人も多いそうで、実際にロードバイクに乗って楽しんでいるだけでかなり痩せた!と効果をバッチリ感じている人も多いのではないでしょうか。

ですが、残念ながらロードバイクに乗り始めても全然痩せない!という人も中にはいます。

 

ツールドフランスなどのロードレースで使われる高カロリー補給食を見ればわかる通り、ロードバイクは普通に乗って走っているだけでもかなりのカロリーを消費します。

ですから、ハンガーノック対策として補給をちゃんとするように言われているんですよね。

 

ですから、普通に乗っていれば痩せるはずなのに、たまに「ロードバイクに乗ってても痩せない」という人がいます。

痩せなくてもいいと言うなら原因を考える必要はありませんが、痩せる目的があってロードバイクに乗っているならこれは由々しき問題。

痩せたくて痩せないのなら、痩せない理由を考えなければいけません。

スポンサードリンク

というわけで私が分析してみてあっさり出た答えは、

 

消費カロリーより摂取カロリーが上回っているから。

 

というあまりにも当たり前な結論でした。

 

頻繁に乗っている場合、これ以外の理由は考えられない。

要するに、食べ過ぎなんです。

 

先程ロードバイクは消費カロリーが多いスポーツだと書きましたが、食べた分の全てのカロリーが消費される訳ではありません。

一度のライドで消費されるカロリーには限度がありますから、それ以上に食べてしまえば痩せないし、むしろ太ります。

もちろん、ハンガーノックを防止し、効率よく走るために走る距離や強度に合わせて必要な分のカロリーを摂取しておくのは基本です。

スポンサードリンク

ですが、普段の生活より多めにカロリーを摂る必要があるのは、

  • 長い距離を走る場合
  • 普段よりも速いスピードで走る場合
  • 走る前と走っている間

ぐらい。

つまり、

  • そんなに長い距離走らない
  • 短い距離をのんびり走る
  • 走り終わった後

という時にはそれほど多いカロリーは必要ないということ。

 

ついやっていませんか?

そんなに長い距離を走らないのに、頑張って沢山食べている。

走り終わった後なのに、「今日は走ったから」と必要以上に食べてしまう。

スポンサードリンク

もちろん、身体が欲していて食べる必要があるというのなら、食べてもいいと思います。

ですが、「走ってるから」「走ったから」という理由だけで必要以上に食べてしまうとカロリーオーバーになってしまうことも。

そうなると痩せるのは難しくなってしまいます。

なので必要ない時に食べ過ぎないようにしていけば、少しずつ消費カロリーが上回って痩せていくはずです。

私が実践している食べ過ぎないための工夫

そういう私も食いしん坊なので、走ると「走ったご褒美―♪」とつい色々食べたくなってしまいますが、際限なく許していると確実に太ります(制限しないといくらでも食べられる)。

なのでライドで消費するカロリー以上に食べ過ぎないようにするために、少し工夫しています。

スポンサードリンク

私が実践している方法を具体的に挙げてみますね。

50キロ以下のライドでは補給食はできるだけ摂らない

これは人によるかもしれませんが、50キロはまだロングライドには入らないはず。
そして2時間から3時間ぐらいで走り終える距離ですから、家を出る前にしっかり食べておけば50キロぐらいはもつという人も多いです。

私も最近は慣れてきたので50キロまでは走っている間の補給食なしで走ります(そのかわりハチミツ入りドリンクで糖分は摂る)。

そこまでカロリーを摂らなくても走れる距離であれば、「走っているからOK」と思わずにカロリーを控えてみるのもアリだと思います。

ただし、最初のうちはさじ加減がわからないと思うので少しずつ摂取量を減らしてみる方がいいですね。
また、ハンガーノック対策にミニ羊羹などは常に携帯しておきましょう。

※この方法は個人差があるので全員におすすめできる訳ではありません。

スポンサードリンク

走る前や走っている間はエネルギーになりにくい油っこいものや乳製品などは避ける

走る前や走っている間は、「走るから」と思って好きなものを何でも食べてしまいがちですが、すぐにエネルギーになりにくい油ものや乳製品を多く摂るとその分がライドで使われずに余分なカロリーを摂取したことになってしまいます(油ものや乳製品は必要以上にカロリー高いし)。

ご褒美として好きなものを食べるのは楽しいですが、効率よく走って摂取した分のカロリーを消費したいのであれば、油や乳製品の少ない炭水化物や糖質を摂るようにするのがおすすめ。

走った後は大豆製品や野菜を多めに摂る

走った後もつい気がゆるんでご褒美大会になってしまいがちですが、私はできるだけ豆乳や納豆、豆腐でタンパク質を摂って疲労回復につとめ、野菜でお腹を満たすようにしています。

スポンサードリンク

走った後であればハンガーノックの心配はないので、食べたいものはほどほどにしてローカロリーかつ栄養があって消化しやすいものを選んでいます。

走った直後はガッツリしたものを食べたくなりますが、とりあえず何でも口に入れてお腹が満たされればある程度は満足できます。

走り終えて帰宅する時間はできるだけ夕方にする

最近意識し始めたのがコレ。
以前は世の中のローディさんと同じようにできるだけ早い時間に帰宅するように早く出かけていましたが、帰宅時間を夕方にするように逆算して家を出るようにしています。

それはなぜかというと、早朝に出かけてお昼頃に帰った場合、ライド気分がずっと残ってしまって「さっき走ったから少しぐらいいいよね」とお昼を食べ過ぎたり、夕方にお菓子をつまんだり、夕食後もついデザートを食べたり、とつい食べてしまうチャンスが増えるから。

スポンサードリンク

夕食前に帰宅するようにすれば、あとは夕食を食べるだけだから間食もしすぎないし、疲れているから夕食後に早めに寝て翌日になれば「食べてもいい」気分は切り替わるので食べすぎを防げます。

 

…とまあ、こんな感じで食べ過ぎないように工夫をしています。

でも基本食いしん坊だから、ロードバイクに乗っても太らないように維持できてるだけなんだけどね!(ノД`)

ここに書いた工夫もできる範囲でやってるだけで、時には好き放題食べまくってるんだけどね!ヽ(・∀・)メ

 

でも、ロードバイクで痩せたいのに痩せない!というのであれば少しでも摂取カロリーを減らせば痩せるはず。

なので自分の体や習慣に合ったやり方で摂取カロリーを減らせるようにできるといいですね^^

以上、
「ロードバイクに乗っても痩せない原因は?どうすれば効率よく痩せるのか。」
でした^^

スポンサードリンク

関連記事

ロードバイクのケイデンスとは?初心者向けの目安と測定方法も調べてみた

DNS,DNF,DSQの意味と違いは?レース以外でも使える専門用語!【ロードバイ...

ロードバイクを困らせる5つの敵?!意外と困る要注意な人々【ロードバイク初心者】

坂道で転倒せず登れる速度は時速何キロ?プロに聞いてきました!【ロードバイク初心者...

NO IMAGE

ツールドフランス2016、マイヨジョーヌはフルームが獲得!【ロードバイクレース】

「チャリダー」の坂バカ女子部に興味しんしん!モチベーションをもらえる4人の頑張り...