ロードバイクのタイヤの種類を解説!タイヤ選びの基本をおさえよう【ロードバイク初心者】

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

今回は、意外と知らなかった
ロードバイクのタイヤの種類について
調べてまとめてみました^^

スポンサードリンク

ロードバイクのタイヤの種類を解説!タイヤ選びの基本をおさえよう【ロードバイク初心者】

では早速、ロードバイクのタイヤの種類について
解説していきたいと思います。


・クリンチャー(WO)

最も広く普及している規格で、ワイヤド・オン(WO)とも呼ばれている。
タイヤの中にチューブが入っており、それがリムにはめ込まれている。
タイヤのつけはずしが簡単にできるだめ、
タイヤのメンテナンスがしやすいのが大きな長所。
タイヤの種類も豊富にあるため、
レース向け、ツーリング向けなど選択肢が幅広いのも嬉しい。

・チューブラー

チューブが入っているタイヤがリムに接着されているタイプのタイヤ。
ホイール、リムはチューブラー専用のものが必要だが、
ホイールとタイヤを軽量にできることと、
乗り心地の良さがメリット。
レース志向の人、ヒルクライマーに人気のタイプ。

スポンサードリンク

・チューブレス

名前の通り、中にチューブが入っていないタイプ。
チューブレスホイールとチューブレスタイヤの両方が必要。
乗り心地がよく、転がしやすいのが大きな特徴。
パンクをした場合でもクリンチャー用のチューブを使って
応急処置ができる。
現時点ではタイヤのバリエーションが少ないのが難点。


いかがでしょうか?

ロードバイクのタイヤの種類はこの3つに分けられます。

どういう風に走りたいか、という目的を考えれば
おのずとタイヤも決まってくるはず。

上の3つのタイプから選ぶのに加えて、
しなやかな柔らかいタイヤを組み合わせれば
乗り心地がかなり良くなるし、
硬めのタイヤを選べば摩擦に強くなるため
荷物が多い場合や長時間のライドなどに向く
耐久性を持たせることができます。

私はまだタイヤを換える予定はありませんが、
次に換える時には
色々と検討してみたいと思います^^

以上、
「ロードバイクのタイヤの種類を解説!
タイヤ選びの基本をおさえよう【ロードバイク初心者】」
でした^^

スポンサードリンク

関連記事

フラットペダルからビンディングにして変わった5つのこと【ロードバイク初心者】

ホノルルセンチュリーライド2018に参加!【その2】ブログで詳細&時系列レポート...

ロングライド練習日記!本日の走行距離は70キロ!【ロードバイク初心者】

ロングライドイベントカレンダーを作ってみた。人気イベント目白押し!【ロードバイク...

ロングライド練習日記!本日の走行距離は30キロ!【ロードバイク初心者】

クイックシャフトを締める位置を知っておこう。輪行組み立て時にもう迷わない!【ロー...