初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

ロードバイクは初心者でも車道を走る?最低限気をつけること【その2】

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

前回から、ロードバイク初心者が
最低限気をつけることをお送りしています。

前回の記事では初心者でも車道を走ることの
大切さについてまとめました。

今回は、それ以外の常識的ルールについて
まとめていきます。

スポンサードリンク

ロードバイク初心者が最低限気をつけること

当たり前なんだけど、
実は意外と知られていない
気をつけることを挙げていきます。


【その1】
ヘルメットをかぶる

これは、道交法では義務付けられていませんが、
ロードバイク乗りにとっては当たり前の話。

初心者だから持ってない、とかいう言い訳もナシ。

車体が軽く、重心が高く、車道を走るロードバイクは
他の自転車よりも転倒の可能性が高いです。

転倒した際に命を守ってくれるのがヘルメット。

早く義務化して欲しいと思うくらい大切なものです。

ベテランロードバイク乗りの先輩方は
当然分かっているはずですが、
初心者であればあるほど重要なので
絶対にヘルメットはかぶりましょう!


【その2】
飲酒運転はNG

これは、道交法で定められています。

自転車は車だという意識が薄くなってしまいがちですが、
立派な軽車両。

少しでもお酒を飲んだら自転車に乗るのはNGです。
(当然、ロードバイク以外の自転車もNG)

スポンサードリンク

【その3】
イヤホンをつけての走行はNG

これは地域によって罰則は異なりますが、
近年、禁止事項として定められるようになりました。

音楽などをイヤホンで聴きながらの
自転車の走行は危険なため禁止となっています。

これも、ロードバイクはもちろん、
自転車全般で禁止されています。


【その4】
夜間、トンネル内ではライトを点灯する

ついつい忘れてしまいがちですが、
自転車もライトを点灯する義務があります。

夕方、薄暗くなってきたあたりから
ライトをつけることで
車に存在をアピールすることができ、
危険を回避できます。

暗いトンネル内でも同じです。
自分の身を守るために、
トンネルに入る際には
面倒がらずにライトを点灯しましょう。


いかがでしたか?

言われてみれば当たり前、というものでも
実際に全て守っているかと言われると
微妙なものもありますよね(汗)。

私はロードバイクに乗るようになってからは
これらの注意点を全てこころがけるようになりました。

ロードバイク初心者だからこそ、
自分の身の安全を守るために
気をつけてほしいことばかりなので、
いま一度おさらいして欲しいと思います^^

以上、
「ロードバイクは初心者でも車道を走る?
最低限気をつけること」
でした^^

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ