初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

サイコンが動かない!3つの原因と対処法まとめ!【ロードバイク初心者】

n912_atamawokakimushiru_tp_v

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

今回は、サイコンが動かないときに考えられる、
3つの原因と対処法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

サイコンが動かない場合の3つの原因と対処法まとめ【ロードバイク初心者】

では早速、サイコンが動かない場合に考えられる、
3つの原因と対処法を挙げていこうと思います。


・センサーとマグネットの位置が離れている

サイコンは前輪のスポークにつけたマグネットの回転を
センサーで読み取ってデータに変換しています。
マグネットとセンサーの間が1mmになっているのがベストで、
それ以上離れているとセンサーが動かないで
サイコン本体にデータが届かなくなってしまうことも。

マグネットとセンサーの位置を調整して
間隔を短くしてみると復活する事が多いです。

・接触不良が起こっている

ワイヤー式のサイコンで起こります。
汗などがサイコンの本体についていると
ケーブルとの接触部分で接触不良となってしまいます。

本体を台座からはずしてきれいにすると
接触が回復して動くようになることが。

スポンサードリンク

・電池、バッテリーが切れている

上の2つを試しても動かないな場合は
電池、バッテリー切れの可能性が高いです。

ワイヤレスのタイプだと、サイコン本体だけではなく
センサー部分にも電池が入っているため
本体とセンサー両方の電池を交換する必要があるので
そちらも忘れないように。

・【おまけ】画面が暗い、文字が薄い

これらは本体の電池、バッテリー不足が原因。
早いうちに本体の電池を交換しておきましょう。

ちなみに、サイコンの種類によっては
電池を交換する前に積算走行距離(オドメーター)の
数字を確認しておかないと
電池を抜いた時に積算走行距離が
消えてしまうものもあるため注意が必要です。

その場合は、新しい電池に入れ替えた後に
積算走行距離を手入力する必要があります。

以上、
「サイコンが動かない!3つの原因と対処法まとめ!【ロードバイク初心者】」
でした^^

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ