初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

【ロードバイク】レーパンをはかないのはアリ?抵抗を感じる理由と必要性を考えてみた

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

ロードバイクの必需品の一つに
レーパンがあげられますが、
レーパンに抵抗があってはかない、
という人もいるそうです。

そこで今回は、ロードバイクでの
レーパンの必要性について考えてみることにします!

スポンサードリンク

ロードバイクにレーパンは絶対必要?はかないのはアリなのか

ロードバイクに乗るならレーパンをはくのが当たり前、
という風になんとなく思われていますが
レーパンは絶対に必要なものなのでしょうか?


私は、

「必要だと思う人だけはけばいい」

と考えています。


私はロードバイクで1時間以上走るなら
レーパンが必要だと思いますが、
レーパンに抵抗があってはかない、という人も
少なくないよう。

レーパンのピタピタ感に抵抗があるとか、
(特に男性はね)
レーパンをはくと本気っぽく見えて抵抗を感じるとか、
見た目に抵抗がある、という意見が多いようです。


まあね~、その気持ち分からなくはないですよ。

速く走ろうと思わないし
ロングライドをしようとも思わない、
ただロードバイクがかっこいいから乗りたい、
という人は
自分なりのオシャレをして乗りたいでしょうから
レーパンははきたくないですよね。


抵抗を感じるという人は、
レーパンをはかないでもいいと思います。

そして、そういう人にはその人なりの
譲れないこだわりがあると思うので
「アイツ、レーパンじゃないから本気じゃないぜ」
なんてジャッジする必要もないと思ってます。

ロードバイク=レーパン、というのは
必ずしも守らないといけないルールではないですからね。

スポンサードリンク




だが。

だがしかし!!

レーパンは、便利なものなのですよ(* ̄ー ̄)


私がレーパンを必要だと思う理由は、

・お尻が痛くなりにくい!
・ものすごく脚を動かしやすい!
・服の汚れを気にしないですむ!

の3つが挙げられます。


この3つはロードバイクの魅力を
思い切り楽しむ上では非常に大切なこと。

なので、なんとなく抵抗があるからはかない、
というぐらいの気持ちであれば
是非そのカラを破って
レーパンをはいてみてほしいぃ!!

と私は思うのであります。

特に、ロードバイク初心者であるほど
あのピタピタ感に強い抵抗を感じて
「オレははかないぞ!」と頑張って
レーパン以外の道を突き進もうとしてしまいがちですが、

ロードバイクを楽しみたい想いが強ければ強いほど、
レーパンを一度はいたら、その楽さの虜になるはず♪


女性はサイクルスカートで
ヒップまわりを隠すという手もあるし、
レーパンはレギンスっぽく見えるので
あまり抵抗はないかもしれませんが、
男性にとっては大きなハードルなんでしょうね。

でも、そのハードルを一度越えたらアラ不思議。

楽すぎて、レーパンなしでは走れなくなってしまうほど。

レーパンをはいてモジモジしているのなんて
最初の3時間ぐらい。
その後は堂々とコンビニにも入れるし、
ゴハン屋さんやファミレスももちろんOK(笑)。


レーパンをはかないこだわりがあるなら
それもアリだと思いますが、
今よりも楽に、速く遠くまで走りたい!
という気持ちがあるなら是非レーパンを試してみてください。

きっとまた違ったロードバイクの世界を
見る事ができると思いますよ^^

以上、
「【ロードバイク】レーパンをはかないのはアリ?
抵抗を感じる理由と必要性を考えてみた」
でした。

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ