ロードバイクの熱中症対策決定版!【前編】9つの方法で真夏のロングライドも走りきる!

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

本格的な夏がやってきましたねー!
私は暑さに弱く、のぼせやすい体質なので
しょぼい話ですが真夏の間は
ガンガン走るのを控えています。

ですが、やっぱりたまには走りたい!
という事でロードバイクでロングライドする際の
熱中症対策法を調べてみました。

気温が上昇している近年、
熱中症対策は非常に大事なので
参考にしていただけたら嬉しいです。

スポンサードリンク

【ロードバイク】夏のロングライドには熱中症対策が必須!

近年、夏の気温は少しずつ上がっている感じがしますよね。

屋外で運動している時だけではなく、
屋内にいる時でさえ熱中症になってしまうほど。

そのため、当然屋外を長い時間走る
ロードバイクでのロングライドでは
熱中症対策をしておかないと
命にかかわる可能性もあります。

という訳で、これからの季節、
ロングライド時に知っておきたい
熱中症対策をご紹介します!


・水分補給をきちんとする

熱中症対策の基本中の基本。
のどが渇いてからだとすでに身体は水分不足になっているため、
のどが渇く前に少しずつ水分を摂ることが大切。

この時、ただの水よりもスポーツドリンクや
OS-1(経口補水液)、ミネラル入り麦茶などのように
水分を吸収しやすく、汗で失われたミネラルや塩分を
補給できるドリンクにする事が効果的な熱中症対策になります。

(参考になる過去記事:
ロードバイクの飲み物は経口補水液がベスト!自宅でOS-1(オーエスワン)を作る!

・休憩をこまめにとる

気温が高い中を走っていると、普段よりも疲労がたまりやすくなります。
普段よりも休憩をこまめにとり、
木陰やコンビニなどの涼しい場所で身体を休ませるようにしましょう。

スポンサードリンク

・エネルギー補給をこまめにする

普段よりも身体が疲れやすくなり、使うエネルギーも多くなるため、
補給食や食事はしっかりとりましょう。
日常生活よりもはるかにエネルギーが使われるのが早いため、
小腹がすく前に補給食をこまめにとること。
そうしないとエネルギー切れで動けなくなる
「ハンガーノック」状態になってしまいます。

食べるものはパンやおにぎりなどでもいいですし、
ウィダーインゼリーやカロリーメイトなどは
食事の合間の補給食にぴったりです。

・日焼け対策をする

日焼けを防止するのは美容のためだけではありません。
日焼けをすると身体は疲労するため、
日焼けしないように日焼け止めを塗ったり
肌を露出しないようにすると熱中症予防にもなります。

さらに、できるだけ直射日光を浴びないように
できる範囲で日陰を走ったり日陰で休憩するといいですね。

この続きは、次回の
「ロードバイクの熱中症対策決定版!【後編】
9つの方法で真夏のロングライドも走りきる!」
でどうぞ^^

スポンサードリンク

関連記事

【ロードバイク】ジャージのポケットには何を入れる?私が入れてるものはこれ!

ロードバイクを困らせる5つの敵?!意外と困る要注意な人々【ロードバイク初心者】

ロングライド練習日記!本日の走行距離は99キロ!多摩川サイクリングロードを走って...

ロングライド中に音楽を聴く方法まとめ!イヤホンは使っちゃダメ!【ロードバイク】

多摩川サイクリングロードを走って気づいた、多摩サイの良さを7つ挙げてみる。【ロー...

ロングライド翌日の疲労回復法まとめ!食事&適度な運動がおすすめ【ロードバイク】