マップアプリ「自転車ナビタイム」を使って裏道を走ってみた感想を書いてみる。【ロードバイク初心者】

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、ロードバイクでロングライド修行中の初心者アラフォー女、nicoです。

先日30日間の無料お試しに登録し、プレミアムコースを使えるようになったマップアプリの「自転車ナビタイム」。

今回は、方向音痴な私が自転車ナビタイムを使って裏道を走ってみた感想を書いてみたいと思います。

スポンサードリンク


マップアプリ・自転車ナビタイムのプレミアムコースで「裏通り優先」を試してみた。【ロードバイク初心者】

何度かこのブログで書いてきましたが、これからのライド練習はできるだけ境川サイクリングロードを使いたいと思うようになりました。

自宅から境川まで行くには国道246号を使うのが一番効率が良いのだけど、246号は交通量が多いし大型車も多くて私にとってはとても怖い道。

なので、246を使わずに境川まで行けるようになりたいなぁ、と思うようになり、走りやすい裏道を研究してみようと考えたのです。

そのために導入したのがマップアプリの「自転車ナビタイム」。

スポンサードリンク


自転車ナビタイムの無料ではない方、有料のプレミアムコース(月額250円)に登録すると
・推奨ルート
・距離が短い
・坂道が少ない
・坂道が多い
・大通り優先
・裏通り優先
・サイクリングロード優先
の7つのルートを選べるようになります。

最初に書いたように、交通量の多い道が好きではない私は自転車ナビタイムの「裏通り優先」ルートが良さそうだ!と思って使ってみることにしたのです。

ちなみに自転車ナビタイムは無料でも使えますが、裏通り優先のルート案内はプレミアムコースでないと使えません。

私はプレミアムコースの30日間無料お試しで使ってみました。

スポンサードリンク


自転車ナビタイムの裏通り優先はホントの裏道だった件。

スマホにマップアプリの「自転車ナビタイム」をダウンロードし、早速自宅から境川CRまでの裏通り優先ルートを検索してみる。

さすが裏通りだけあって、ナビタイムがおすすめする推奨コースよりも遠回りになり、3キロほど長く走ることになるけどそれは仕方ない。

 

早速このルートで境川目指して走ってみることにしました。

スマホのマップアプリ「自転車ナビタイム」は音声ナビ機能があり、節電モードにして画面を暗くしても音声だけは聞こえるので安心。

走行中に画面を見なくてもいいので安全でもあります。

スポンサードリンク


一般的にはこういうのでハンドルにスマホをつけておくと便利なのでしょうが、

まだスマホのマップアプリを本格的に使い続けると決めた訳ではないので、トップチューブバッグに節電モードにしたスマホを入れて音声だけ聞くことに。


ファスナーを半開きにしておけば問題なく音声は聞こえました。
ジャージのポケットに入れておいてもちゃんと聞こえると思います。

で、ここからが本題。

自転車ナビタイムの裏通り優先モードにして実際に音声を頼りに走ってみました。

そこではじめて分かったことは、

「ナビタイムの裏通り優先は本当に裏道を追求している」

ということ。

スポンサードリンク


車がほとんど来ない細い道ばかりを選んでくれるのはありがたいけど、細かすぎて左折や右折がものすごく多い!

音声のみで案内してくれるのは便利だけど、「およそ100メートル先を左方向です」と言われても、100メートルが体感だと分かりづらくて。

細かい道が多い場所だと曲がる場所を間違えてしまうし、GPSが少しでもずれるとすぐにコースから外れて時間とエネルギーをロスしてしまうのが困りもの。

それに細かすぎる道は路地も多くて歩行者に気をつけないといけないので、あまり速度を出せないというデメリットも。

 

「大通りが嫌いだから裏通りを選んだんでしょ?」と言われたらその通りなのですが、ここまで細かい裏通りだとは予想外でした(´Д` )

ワガママを言っているのはじゅうじゅう承知していますが、トラックが沢山走ってるような大通りじゃなければ良いので、細かすぎる裏道は逆に避けたいところです。

って、本当にワガママですね。
私の細かい好みなんて分かるはずないですし。

あくまで私個人の感覚ですから!

スポンサードリンク


マップアプリ「自転車ナビタイム」の裏通り優先ルートを走ってみた結果。

で、7キロぐらい裏通り優先ルートを音声案内で走ってみたのですが、ルートが細かすぎて曲がるタイミングが分かりづらく、すぐにコースアウトしてしまったり、

「ここまで遠回りしなくてもいいんじゃない?」というような、裏道の追求の仕方に面倒くさくなってしまって途中でナビタイムを使うのをやめてしまいました。

その地点からスマホのマップを見ながらなんとなく走っていったら問題なく境川CRに到着したので目的は達成できました。

 

この事でナビタイムの裏通り優先ルートは私にとっては使いづらいものだと判明したので、しばらく自転車ナビタイムの有料プランは使わない予定です。

私は自宅から境川までの走りやすい道を覚えたかっただけなので、これからはマップアプリを使わず、事前に調べたルートをメモっておいて走ることに。

スポンサードリンク


こう書いてしまうと「自転車ナビタイムは使えない」という印象を与えてしまいそうですが、あくまで上手く使いこなせなかったのは私で、自転車ナビタイム自体は便利なものだと思います。

大通りを走るのが苦じゃない人、裏道の細かいルートでもいいからのんびり走りたいという人にはとても便利なはずです。

少なくとも月額250円で7つのルートを選べて、スマホで音声ナビが利用できるのは非常にコスパが高いマップアプリだと思います。

ロードバイクで走る時のナビをどうしようか迷っているなら試してみる価値はありますよ^^

以上、
「マップアプリ「自転車ナビタイム」を使って裏道を走ってみた感想を書いてみる。【ロードバイク初心者】」
でした^^

スポンサードリンク


関連記事

【ロングライド】乳酸による疲れを解消する5つの方法!日頃から心がけるだけで全然違...

ロングライド練習日記!本日の走行距離は70キロ!【ロードバイク初心者】

【ロードバイク】ユニクロのヒートテック&ダウンは真冬のライドで使える?実際の体験...

NO IMAGE

ロードバイクの盗難保険を比較!基本は購入時&購入後すぐに加入すべし!

ロードバイク冬用インナーを購入。アンダーアーマーコールドギアの評価&レビュー!【...

ロードバイクのサングラスをzoff(ゾフ)とJINS(ジンズ)で発見!コスパで選...