初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

%e9%9f%b3%e6%a5%bd

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

ロードバイクで走っている時(特にロングライド時)、
特に面白みのない道にさしかかると
音楽などを聴いて暇つぶししたくなりませんか?

そこで今回は、イヤホン以外のアイテムを使って
ロングライド中に音楽を聴く方法をまとめてみました!

スポンサードリンク

イヤホンはNG!ロングライド中に音楽を聞く方法まとめ

ここに懺悔します。

私はクロスバイクに乗っている時
イヤホンで音楽を聴きまくっていました。

すみませんすみません、もうしません。

ロードバイクに乗るようになってからは
イヤホンで音楽を聴くなんて事は
一切しておりません。


最近では「自転車走行中のイヤホン禁止」が
かなり広まってきましたが、
ロードバイクに乗っている人の中にすら
イヤホンで音楽を聴いている人がいまだにいます。

「お前が言うな」と言われるのは百も承知ですが、
今すぐやめましょう!

ママチャリでもロードバイクでも
乗っている最中はイヤホンをつける事は
やめるべき。

理由は簡単で、 危ないから。


ママチャリでやっても当然危ないですが、
ロードバイクは車道を走ったり
スピードを出したりするので
周囲の音が聞こえづらいと余計危ないのです。

イヤホンを片耳だけ入れる、というワザを
使っている人もいるでしょうが
ほとんど変わりないし
お巡りさんに見つかったら絶対に注意されます。
即刻やめましょう。


という訳で、ロードバイクでのロングライドのお供に
イヤホンを使わないで音楽を聴く方法を
まとめてみました。

音楽好きな方の参考になれば嬉しいです^^


スマホで音楽を聴く

最近では多くの人がスマホを持っているので
(私も最近スマホに変えました♪)
ロードバイクに乗っている時に
音楽を聴く方法としては一番手軽なのではないかと。

スマホにiTunesなどの音楽アプリが入っていれば
(YouTubeで流すという手もあるけど、充電すぐなくなりそう・・・)
スマホで音楽を聴くのは簡単ですからね。

スマホをロードバイクに固定するホルダーなどを使えば
音も聴こえやすいですしね。

この方法のデメリットは
スマホのバッテリーがなくなりやすいことと、
スマホがスピーカーとなるので
周囲に音楽が聴こえて恥ずかしいことですかね。

スポンサードリンク

骨伝導ヘッドホンを使う

これは、新しい手ですね。
骨伝導ヘッドホンとは、耳をふさがずに
骨伝導を利用して音楽を聴くことができるアイテム。
耳をふさいでいないのでイヤホンとは違って
周囲の音は聞こえやすいです。

ただし、骨伝導ヘッドホンは骨を振動させることで
音を伝えるのでイヤホンなどより音質が悪く聴こえること、
お値段が少々はること、多少音漏れがすること、
などがデメリットとして挙げられます。

骨伝導ヘッドホンの中には
ノイズキャンセリング機能付きのものもあるので
ロングライド時に使うなら、危険回避のために
機能なしのものか、ノイズキャンセリング機能のON/OFFが
切り替えられるものにしましょう。

スピーカーを使う

最近ではポータブルスピーカーの進化が目覚ましいです。
ロードバイクに乗る際にスピーカーを使うメリットは
良い音質で聞けること、大音量で聴けることですね。

今ではBluetooth対応のものも増えてきているので
音源はスマホだけでOKになり、
荷物が減るのも嬉しいところです。

スピーカーをロングライドのお供にすれば
しっかりと音楽を楽しみながら走れます。

デメリットは、スピーカーをどこに設置するかという問題と、
やはり周囲に音楽がだだ漏れになってしまうこと。

今回初めてポータブルスピーカーについて調べてみたら、
こんなカワイイのを発見。

これ、便利そう!
いつか買っちゃうかも!

どこにつけるかが問題だけど、
コンパクトで見た目もいいので
ロングライドのお供にぴったりな気がします!

これがあれば、長い距離も苦もなく走れる(気がする)!

もし購入したらレポートしますね♪

以上、
「ロングライド中に音楽を聴く方法まとめ!
イヤホンは使っちゃダメ!【ロードバイク】」
でした^^

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ