【ロードバイク】ロングライドの休憩、効率の良い取り方は?長く休みすぎるとかえって逆効果!

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

ここ最近はロングライドの補給について
まとめていましたが、
補給と同じぐらい大切なのが休憩。

そこで今回は、ロードバイクで
ロングライドをする際の
休憩の取り方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

ロードバイクのロングライド、休憩をとるタイミングは?

ロードバイクでロングライドをする際、
つい距離を稼ごうとして
どんどんと走り続けてしまいがちですが、

適度に休憩をとらないと
疲労が蓄積される一方で
身体に負担がかかってしまい、
逆に後半走りにくくなってしまいます。

楽しくてどんどん走ってしまう気持ちはありますが、
こまめに、きちんと休憩をとって
身体を休ませてあげることが
快適なロングライドのコツの一つと言えそうです。


では、ロングライド時には
どのように休憩をとるべきなのか?

色々と効果的な方法を調べてみたところ、

1時間~1時間半に一回、10分程度

というのが一番効率の良い休憩の取り方のようです。


初心者の私は1時間に一回とる感じですが、
慣れている人やまだいけそうって感じなら
1時間半に一回でもいいかもしれない。

出発して折り返すまでの前半は(距離にもよりますが・・・)
そこまで疲労が蓄積されていないので
もう少し休憩までの時間を長くしても良さそうですね。

スポンサードリンク

休憩場所は公園やコンビニなどがおすすめ。
座るところのあるコンビニとか素敵です。

休憩の際はロードバイクから降り、
ゆっくりと水分をとったり補給をしたり、
ストレッチするのがいいですね。
日焼け止めを塗りなおすのも大事。

コンビニで休憩するのであれば
トイレを借りたり、
補給食や飲み物を補充しておくのも重要です。


そして、一回の休憩時間は10分程度がいい、と言われています。

人によっては5分、15分、という人もいるようですが
あまりにも長く休憩を取りすぎると
身体が休止モードに切り替わってしまって
再び効率よく走れるように身体が戻るまで
時間がかかってしまいます。

そのため、長く走り続けたために疲れがたまって
その後の休憩が長くなってしまった、
なんてことにならないためにも

身体が疲れていなくても
1時間~1時間半に5分程度の休憩を入れる方が
身体に負担をかけず、スムーズに効率よく、
ロングライドを完走できます。



休憩好きな私としては(笑)、
こまめに休憩をとった方がいいというのは朗報です^^

「次はあそこのコンビニで何を食べようかな♪」
なんてニンジンをぶら下げながら
走るのも楽しいものですよね。

以上、
「【ロードバイク】ロングライドの休憩、効率の良い取り方は?
長く休みすぎるとかえって逆効果!」
でした。

スポンサードリンク

関連記事

ロードバイクのフィッティングを申し込んでみました!【ロードバイク初心者】

ロングライド練習日記!本日の走行距離は130キロ!久々の100キロ越え!【ロード...

NO IMAGE

ロードバイクのビンディング練習方法!【前編】まずはイメトレと着脱練習から

ロードバイクの基本姿勢を元オリンピック選手に教わったら劇的にペダリングが変わった...

ロングライド練習日記!本日の走行距離は45キロ!【ロードバイク初心者】

被害を最小限にする落車の仕方を覚えよう!落車時に気をつけたい事とは。【ロードバイ...