初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

ロードバイク初心者が走るべき距離は?【後編】ロングライドしたくても最初は短めに!

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

前回は、ロングライドがどのくらいの距離を言うのか、
という定義について書いてみました。

引き続き、今回はロードバイク初心者が
手始めにどのくらいの距離を
走ってみるべきなのか、について
書いていこうと思います。

スポンサードリンク

ロードバイク初心者はまず短めの距離から走るべし!

速く、楽に遠くへ行ける乗り物であるロードバイク。

初心者とはいえ、手に入れたら
長い距離でも大丈夫!走れるぜ!と
思ってしまいがちですよね。



が、

やめておけ!(`・ω・´)



確かに、他の自転車に比べれば
ロードバイクは軽いし速いし楽に遠くへ行ける乗り物です。

ですが、初心者のうちは前傾ポジションにも慣れていないし
バランスもとりづらい。

ロードバイクに乗る筋肉が育っていないからフラつきがちだし、
お尻が痛くなるのも慣れてない。

こういう初心者ならではの
弱点を抱えながら長距離を走ると、
最初は楽しくても途中から辛くなってしまいます。

途中で嫌になっても自分で漕いで帰らないといけないし、
電車に乗せて帰る!と思っても
初心者ではロードバイクのバラし方だって分からない。

こうなってしまうと、
「早く帰りたい!」という一心だけになってしまって
全然楽しめません。


よく、「初心者でも大丈夫だから、一緒に走らない?」
と先輩ロード乗りさんに誘われて、
サイクリングの仲間に入れてもらえたりしますが、

ロードバイクに慣れていない時点で
これに参加するのならば、


スパルタ合宿状態

と覚悟しておいた方がいいです。

スポンサードリンク

ロードバイクに慣れている人は
平気で50キロ以上走りますし、
(これでも少ないほう)

アナタが疲れても「じゃあ、コースを変えよう」
なんて言ってくれません。
(走りたい他のメンバーがいるからね)

なので、最後尾から二番目でヒイヒイ言いながら、
後ろを守ってくれているベテランさんに
激励されつつ、走りぬくしかありません。
(経験済み)

休憩するタイミングも合わせないといけないし、
一人ではぐれたら再度合流するのも大変だから
勝手な行動はとれないし・・・。

もう、本当に大変でしたっ!!(´Д` )
(経験済み)


まあ、ベテランさんについていくと
勉強になる事も多いですが、
慣れてない時にいきなり飛び込むのは
よく考えてからにした方がいいです。


という訳で、ちょっと脱線してしまいましたが、
ロードバイク初心者が練習する距離は
最初は短く、だんだん長くするという
当たり前の方式でいいんじゃないでしょうか。

スポーツ自転車に慣れていない人は、
それこそ10キロ走るところから。

慣れてきたら15キロ、20キロ、
という風に距離を伸ばせば問題なし!

ちなみに、スポーツ自転車に全く乗ったことがない人が
いきなりロードバイクに乗って
楽しめる距離としては、
ものすごく頑張って50キロまでかと。

余裕を持って楽しめる、という感じであれば
30~40キロあたりに
とどめておくのが無難です。


ロードバイクに乗る人には
長い距離を走れば走るほどエラい、
という考えを持つ人もいるようなので
初心者はそういう人に見下されがちですが、

何のためにロードバイクに乗っているのかを
思い出して(楽しむため!)、
初心者は無理せず、マイペースで、少しずつ乗れる距離を
長くしていくのがおすすめですよ^^

以上、
「ロードバイク初心者が走るべき距離は?【後編】
ロングライドしたくても最初は短めに!」
でした!

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ