初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

ロードバイクに乗る前にチェックしたいのが
タイヤの空気圧。
空気圧が不足しているとパンクしやすくなり、
ロングライドどころではありません。

という訳で、今回はロードバイクの空気入れは
どのくらいの頻度で行うのが適切か、
という事について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

ロードバイクの空気入れはどのくらいの頻度で行う?

ロードバイクの空気入れって、
慣れてもけっこう体力を使うので
面倒くさく感じてしまいますよね。

ですが、ロードバイクはママチャリと違って
タイヤに空気を入れてから空気が抜けるまでの時間が
かなり短いのです。

しかも、ロードバイクのタイヤは
路面との抵抗と減らすために
空気をしっかり入れないと走りにくくなりますし、
何より空気圧が不足すると
パンクしやすくなってしまいます。

ですから、ロードバイクのタイヤで
適正な空気圧を維持するために
きちんと空気入れを行う必要があります。


では、そのためにはどのくらいの頻度で
空気入れを行う必要があるのでしょうか?


それは・・・

人によります。


はい、すみません。

ミもフタもない事を書いてしまいました(´Д` )

でも、本当なんですものっ!!

空気入れを一度行った後、
どのくらいの距離走ったかや
乗る人の体重などによって
タイヤに入っていた空気の抜け方が違ってくるので
どのくらいの頻度で入れればOK!とは
いちがいに言えないんです。

スポンサードリンク

ですが、一番確実なのは


ロードバイクに乗る直前に、毎回空気圧をチェックすること。



私のこれまでの数少ない経験から言えば、
一回に走る距離が50キロ以下であれば
走った翌日もギリギリ適正空気圧の範囲内で
維持できているので
再度空気を入れなくてもまあ走れます。

空気を入れてから2~3日たつと
空気圧はかなり下がりますから
空気を入れる必要があります。


ですが、翌日なら大丈夫!という訳では決してなく、
一度空気を入れたらその瞬間から
わずかずつながらも空気は抜けているのですから、

翌日にまた走ることになっても
再度空気入れを行うのがベストです。

その方がより適正な空気圧にできて
より快適に走ることができるからです。


よって、全員におすすめできる、
確実に言える結論としては


ロードバイクの空気入れの頻度は乗る前毎回

という事になります。


最初に書いたようにロードバイクの空気入れは
慣れてきてもけっこう面倒に感じる作業。

ですが、それをおこたると
ロードバイクの本来の力を発揮できずに
逆に疲れてしまい、
本末転倒になってしまうので

空気圧チェックと空気入れの頻度は
できるだけこまめに行いたいですね^^


以上、
「ロードバイクの空気入れ、頻度はどのくらい?
適正な空気圧で楽しく走るために」
でした。

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ