ロードバイクの適正空気圧ってどのくらい?乗り心地・路面で変えるのがオススメ【ロードバイク初心者】

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

前回、空気圧の単位について書きましたが、
ではロードバイクで走るために適正な空気圧って
どのくらいなのでしょうか?

今回はロードバイクの適正空気圧の考え方について
書いていこうと思います。

スポンサードリンク

ロードバイクの適正空気圧ってどのくらい?【ロードバイク初心者】

ロードバイクのタイヤに空気を入れる際、
適正空気圧の範囲で入れることがとても重要です。

前回も書きましたが、
タイヤが細いロードバイクでは
決められた適正な空気圧でないと
パンクなどのトラブルが起こる可能性があるからです。


そうなってくると、
適正空気圧はどう確認するべきなのか?
という疑問が出てきますよね。

適正空気圧はタイヤによって決められています。

なので、自分のロードバイクに装着されている
タイヤによって適正空気圧が変わってくるのです。

自分のロードバイクのタイヤに表示されている、
適正空気圧を調べてみましょう。


空気圧の単位は主に4種類あり、
それによって表示されている
適正空気圧には二種類あります。

空気圧の範囲が指定されている場合
(「100-150PSI」のように)、

又は
上限空気圧が指定されている場合
(「MAX8.5BAR」のように)
です。


それぞれの適正空気圧は、

空気圧の範囲が指定されている場合
→ その範囲内が適正空気圧

上限空気圧が指定されている場合
→ 上限の数値ギリギリが適正空気圧

となっています。

スポンサードリンク

上限空気圧だけの場合はあまり迷わないのですが、
空気圧の範囲がある時はどのくらい入れようか
迷いますよね。

ざっくりとした目安としては、

体重が重い人 → 空気圧高め 
体重が軽い人 → 空気圧低め 

速さ・転がりの良さを重視する場合 →  空気圧高め
乗り心地の良さを重視する場合 → 空気圧低め 

雨の日・濡れた路面・悪路を走る場合 → 空気圧低め(グリップ力があがるため)

という感じがおすすめです。


ですが、これはあくまで好みの問題なので
絶対こうしなければならない!
という事ではありません。

私は身長に対して体重は軽めですし、
乗り心地が良い方がいいと思っていますが
空気圧は上限ギリギリまで入れていて、
それでも特に乗り心地を不満に感じたことはありません。

乗り心地の良さを求めても、
転がりにくいと思ったら
ストレスに感じることもありますからね。

適正空気圧の範囲内で色々試してみるのが
一番だと思います^^

次回は、ロードバイクの適正空気圧の表示の
確認方法について書こうと思います^^


以上、
「ロードバイクの適正空気圧ってどのくらい?
【ロードバイク初心者】」
でした^^

スポンサードリンク

関連記事

【おすすめ本】「ロングライドに出かけよう」がかっこいい!距離感が壊れた人たちが楽...

ロードバイク初心者がやりがちな間違いベスト5!快適に走るために知っておきたい5つ...

ロードバイクのロック、私の持ち運び方法はコレ!試行錯誤して行き着いた、ベストな鍵...

フィッティングサービスを受けてきました!【その1】@神奈川・江ノ島のリンケージサ...

ロードバイクのフィッティングを申し込んでみました!【ロードバイク初心者】

ビンディングの立ちゴケを防止する5つの方法!「あらかじめ」がポイント!【ロードバ...