Knogのベル、「Oi(オイ)」が欲しい!使わないのに欲しくなる最強のベル!【ロードバイク初心者】

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、ロードバイクでロングライド修行中の初心者アラフォー女、nicoです。

以前の記事でプレゼントにおすすめのロードバイク小物についての記事を書きましたが、その中でも少し触れたKnogのベル、「Oi(オイ)」。

あまりのスタイリッシュにまだ熱が冷めないので、今回はKnogの「Oi」について書いてみようと思います。
知れば知るほど欲しくなるベル、これはヤバイです・・・(汗)。

スポンサードリンク

Knogの「Oi」が最高にかっこいい!お値段以上の価値がある。【ロードバイク初心者】

以前の記事でも少し書きましたが、ロードバイクのベルってほとんど使わないもの。
でもつけておかないといけないので、多くの人が安価なベルをとりあえずつけている状態だと思うんです。
私もそうだし。

ほぼ使わないものに、高いお金を出すのはねぇ・・・。
だったらその分他のアイテム買いますよ。

そう思っていた私でしたが、Knogの「Oi」の存在を知ってからその気持ちは吹っ飛びました。

かっこいい!!!!。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。.

なにせかっこいい。
なにせスタイリッシュ。
なにせクール。

そんなKnogの「Oi」は、こちら。
knog oi
(Knogサイトより引用)

ね?

ものすごくスタイリッシュでカッコ良くないですか?

スポンサードリンク

この色も素敵ですが、Knogの「Oi」は2つのサイズで4色展開。
黒の「BLACK」、上の画像の「BRASS」、ピンクっぽい「COPPER」、銀色の「SILVER」があります。

んー、どれもかっこいいし、かわいい!

Knogの「Oi」を自転車につけたところはこんな感じ。
Knogの「Oi」2
(Knogサイトより引用)

ね?

これまたスタイリッシュでカッコいいですよね?

存在感がありながらもロードバイクのカッコよさを邪魔しない。
この感じが最高に好みです( ´艸`)

そして、ものづくりで妥協しないKnogですからもちろん、見た目だけではなくベルとしての機能性も追及しています。

耳障りではないのに確実に聞こえるピッチの音で、ちょうどいい音の長さで鳴るようにこだわって作られています。

サイズはハンドルバーの太さによって選べるスモールとラージの二種類。

なんと、挟み込んだときにケーブルをまとめられるように溝がついているので、どこまでもスマートに、スタイリッシュにベルを装着することができます。
Knogの「Oi」3
(Knogサイトより引用)

価格はスモール、ラージともに2300円(税抜き)。

数百円で買った今のベルに比べたらかなりお高いですが、このベルだったら愛車の見た目を損なうことがないし、むしろカッコ良くなるので買いです!!
(音も素晴らしいけど、ほとんど鳴らすことがないのでね・・・)

いずれ欲しい!!

でも、ハンドルバーまわりがランプとかサイコンとかでけっこう埋まってるんですよね(´Д` )

それに、いつか今よりも大きいガーミンのサイコンも欲しいし・・・。
上手いことハンドルまわりにスキマができたら、Knogの「Oi」を買おうと思います!

以上、
「Knogのベル、「Oi(オイ)」が欲しい!使わないのに欲しくなる最強のベル!【ロードバイク初心者】」
でした。

スポンサードリンク

関連記事

NO IMAGE

ロードバイクに自転車保険は必須!補償内容は乗る頻度や状況に合わせて見直そう

ロードバイクのハンドル、基本の握り方まとめ!【画像付き】ドロップハンドルのメリッ...

ロードバイクの基本姿勢を元オリンピック選手に教わったら劇的にペダリングが変わった...

NO IMAGE

ビンディングシューズ購入その3!ロードバイク初心者女がショップに行ってみた【ロン...

【ロードバイク用語解説】BBとは何のこと?その役割&交換するメリットとは【初心者...

「自転車で100kmをラクに走る」を読んだので、感想・レビューを書いてみる。【ロ...