ホノルルセンチュリーライド2018に参加!【その4】ブログで詳細&時系列レポートします!

こんにちは。
ロードバイクでロングライド修行中の初心者アラフォー女、nicoです。

ここ何回かの記事でお伝えしたように、ホノルルセンチュリーライド2018に参加してきました!

このブログ名にもなっているほどホノルルセンチュリーライドに憧れ、そこを目指してロードバイクに乗ってきた私。

念願のホノルルセンチュリーライドに参加してきた様子を今回も引き続き、時系列で詳細にレポートしていきたいと思います。

今回はホノルルセンチュリーライド2018のスタート時から。

それではどうぞ!

スポンサードリンク

いよいよスタート!念願のホノルルセンチュリーライド2018に挑戦!

ホノルルセンチュリーライド2018にチャレンジすべく、スタート地点でスタートを待っている私。


2000人も参加しているだけあって、スタートゲートが遠い…。

ホノルル市長さんなどお偉い方々のスピーチや励ましの言葉などを聞きつつ、座ってのんびり待ちます。

 

そうこうしているうちに、スタート時刻の6:15になり、グループAの速い人達がスタート!

私がいる一番遅い3つ目のグループCも順番にスタート地点へ移動していきます。

とうとうスタート地点に来ました。


私は前から二列目にいました。

グル-プCには明らかにのんびり走りそうな人や、100マイルより手前で終える人達が多かったので、100マイル完走が目標の私は前からスタートしたいと思ったのです。

 

ちなみに、100マイルコースのルートはこんな感じ。

基本的に往復でほぼ同じルートを走ります。

 

スポンサードリンク

そして、いよいよグループCもスタート!

前の方に陣取っていた人達は私と同じだったようで、時速23キロ程度とやや速いペースで走り始めました。

私もそのペースのままグループ前方で走り続けます。

しばらくは自転車用に車線が用意されていたのでかなり快適。

「憧れのホノルルセンチュリーライドで走ってる!」という喜びをひとりで噛み締めてました^^

スタート地点の公園を抜けた後は、ダイヤモンドヘッドを上ります。

ここはゆるい坂ですが、これぐらいなら練習してきたからけっこう余裕♪


絶景ポイントでの休憩もそこそこに、早め早めと先を急ぎます。

そして長いハイウェイへと入り、車と一緒に走ります。


とは言え、イベント用に自転車レーンが用意されているのですごく走りやすい!
大きな信号には警官もいて見守ってくれているので安心です。

 

そして、この長い道を走っているときにまさかの雨!

ハワイは南国ということもあり、スコール的な雨がよく降るのだそう。

このハイウェイを走っている間に3回ぐらい土砂降りにあいました…。

雨が降っているのに太陽は出ているので、濡れている路面が反射してかなり見づらい!!

ここでは慎重に走らないと危ないので、速度を落とさざるをえませんでした(´Д` )

スポンサードリンク

ハイウェイを抜けて第一エイドステーションのサンディ・ビーチ・パークに到着。


ここはスタートから約22キロ地点で、25マイルコースの折り返しポイントになっています。


さんざん雨に降られた後だったので、日焼け止めを念入りに塗りなおしたり、トイレに行ったり、ドリンクを作ったり、補給したりと大忙し。


食べ物はけっこう色々ありました。
このプレッツェルとドーナツはいかにもハワイ!という感じですよね。

ドーナツはタロイモが入っているので紫色です。
このドーナツを頂きましたが、美味しかったです( ´艸`)

スポンサードリンク

緊張と雨に降られた疲れのせいか、予定していた休憩時間を10分ほどオーバーして出発。

ですが、ここまでは事前に想定していた時速18キロよりもやや早めの19キロで来れていたので、多少は時間の余裕はあるだろうと考えていました。

エイドステーションを出たらすぐにこんな道。


雨もあがったし、気分良く回していきます。

その後、けっこうな上り坂を越えて絶景ポイントへ。


絶景と人気のマカプウ岬です!


せっかくなので愛車を入れて。

 

ここでJALパックのサポートの方とお喋りしていたのですが、「このペースで100マイルって大丈夫ですかね?」と聞いたら、

 

「かなり厳しいと思う」、と…。

 

えええええっ!!!???(°◇°;)

 

時速18キロでギリギリ完走のつもりでいて、そこまでは19キロで走れてたから、大丈夫だと思ってたのにーー!!

 

100マイルの折り返し地点までにあと2つエイドステーションがあり、2つ目のエイドで規定時間に間に合わなければその先には進めず、100マイルチャレンジは終了となってしまいます。
(75マイル走って終わることになる)

つまり100マイル完走したいなら、そこから2つ先のエイドで足切りに合わないようにしないといけないのだけど、足切りに間に合うかも恐る恐る聞いてみたら、

 

「エイドでの足切りに間に合うかもかなりギリギリ…」と言われてしまいました(´Д` )

 

走っている平均時速は問題なかったのだけど、私はコースの序盤で楽しみすぎて、エイドや眺めの良い場所で時間を使い過ぎたのが原因だったみたい(´・ω・`)

「ここまで色々準備や練習をしてきて、100マイル完走できませんでしたじゃブログ読者さまに顔向けできない!!」と焦った私は、できるだけ速く走りつつ、その先のエイドでの休憩時間も短縮することで完走を目指すことに。

スポンサードリンク

ちなみに、午後5時までにゴールに戻らないといけないのだけど、完走証をもらえるのも午後5時まで(後日の受け取りとか郵送とか一切なし!)。

完走証をもらうためには5時少し前には戻ってないといけないという訳。
ちょっと厳しくないですかね(´Д` )

 

ブログ読者様に完走を証明するためにも完走証は絶対に欲しい!」という訳でそこからは完走のことしか考えずに走り出しました。

なので、この先は走っているコースの画像は一切ありません!!(`・ω・´)
(ブログとしてダメなパターンすね…汗)

 

この後、山のふもとの牧場などがある地域を走り、そこでも2回ほどスコールに降られてびしょ濡れに。

でもこの日は特に暑い日だったので濡れたおかげで涼しく走れました。

短いけれどもまあまあの坂もいくつかあり、アップダウンに心が折れそうになりますが、こまめにギアを変えて上りをクリアします。

だってまだ残り100キロ近くあるし、ここで脚を温存しておかないと!

 

ホノルルセンチュリーライドを楽しいイベントだと完全に舐めてかかっていた私は、このあたりで認識を改めることに。

けっこう坂ありますよ!!(°◇°;)

 

アップダウンを繰り返し、その先に出現したまあまあな坂を見ては「おおぅ…」とひるんでしまいます。

その坂の手前で休憩していたアメリカ人のおじさまが「この坂やばくね?」という顔で私を見つめてきます(笑)。

私も「やばいよねー」という顔で返し、インナーローにして心を無にして上ります。
いやー、坂の練習しといて良かったわ!!

スポンサードリンク

そうこうしているうちにようやく次のエイドに到着!


ここはスタートから約40キロ地点にあり、50マイルコースの折返しスポットになっています。




このエイドではハワイ名物のシェイブアイスが振舞われています。

一つ頂きましたが、普通のカキ氷でした…。
(もっとハワイっぽい味選べば良かった^^;)

他のメニューは変わりばえしないクラッカーとかでやや飽きたので、ここでは持参した羊羹を2つ食べてカロリー補給。


50マイル(80キロ)コースの折り返しポイントなので、記念写真をとっている人もけっこういました。

だけど私のゴールは100マイル完走!
この次のエイドでの足切りにあわないよう、トイレにも行かずに急いで出発します。

 

そしてここからが地獄の始まりだったのです…(ノ′Дヾ)

この続きは次回!
次回の更新ではとうとうラストが明らかに!

以上、
「ホノルルセンチュリーライド2018に参加!【その4】ブログで詳細&時系列レポートします!」
でした^^

スポンサードリンク

関連記事

結束バンドが意外と重要!おすすめの結束バンドの選び方!【ロードバイク初心者】

NO IMAGE

ロードバイクにプロテクターは必要?立ちゴケに備えれば憂いなし!【初心者】

【輪行準備その2】ロードバイク輪行のために、買い足すべきアイテムをピックアップし...

ツールドちば2017に参加!【その2】123.5キロ、千葉の絶景コースに挑む!【...

ロードバイクで坂道が登れない人向け!考え方&トレーニングの5つのコツ!【ロードバ...

NO IMAGE

ホノルルセンチュリーライドツアー5社を比較【後編】費用、運搬サービスなど個人参加...