ホノルルセンチュリーライド2018に参加!【その1】ブログで詳細&時系列レポートします!

こんにちは。
ロードバイクでロングライド修行中の初心者アラフォー女、nicoです。

前回の記事でお伝えしたように、ホノルルセンチュリーライド2018に参加してきました!

このブログ名にもなっているように、ホノルルセンチュリーライドに憧れ、そこを目指してロードバイクに乗ってきた私。

念願のホノルルセンチュリーライドに参加してきた様子を今回から時系列で詳細にレポートしていきたいと思います。

今回は日本出発の模様から。

それではどうぞ!

スポンサードリンク

憧れのホノルルセンチュリーライドに参加してきた!ロードバイク初心者はどこまで走れるのか?!

前回の記事で書いたように、色々悩みながらも思い切ってホノルルセンチュリーライド2018に参加を決めた私。

なにぶん初心者なため、初めての飛行機輪行の準備や完走するための練習などを数ヶ月コツコツと続けました。
(準備編はまた別に記事書きます^^)

 

そしてあっという間に時間は流れ、2018年9月28日にとうとうハワイ・ホノルルへ出発。

全く勝手が分からないため、今回はJALパックのツアーで参加することにしました。

ロードバイクの輸送は色々悩んだ末、自分で空港まで輪行ケースに入れ運ぶことに。
海外に行くのでロードバイク以外の荷物も多くなり、自転車と大きめのボストンバッグとサコッシュの3つを持つことに。


(ボストンバッグにサコッシュを入れられるぐらいの余裕はあったけど)

飛行機輪行用のケースでがっちり梱包したのでけっこう重量もあり、成田空港に持って行くだけで結構疲れました(´Д` )

 

帰国した今思えば、輪行で電車のラッシュ時間に重ならないよう帰りの飛行機の便を指定して6000円追加料金を払ったので、それなら空港まで宅配で送った方が良かったかも。

JALパックのツアーなら現地(ホノルル)では往復ともに自転車を運んでくれたので、国内だけ自分で運べばいいのでね。

現地でも自分で運ぶかも、と思っていたので今回は自分一人でも運びやすい輪行ケースにしたのですが、次は宅配にする可能性大ですね(`・ω・´)

スポンサードリンク

成田空港に着いてカウンターに行ってみると、ホノルルセンチュリーライドツアー用カウンターがありました^^


さすがはJALパックのツアー。
スタッフさんの人数も多くて、チェックイン後に自転車の検査(別の場所で自転車ケースの中身をX線検査機に通す)をする時に自転車を運んでくれる人までいてとってもスムーズ。

もちろんチェックイン時に自転車を預ける手続きをするのだけど、その時に「大切な自転車なので丁寧に扱わせて頂き、できるだけ縦置きにしますが、もし横にする場合はどちらを上にした方がいいでしょうか?」と聞いてくれました^^
(ディレイラー側を上にするようにお願いします)

でも「万が一破損してもJALは責任を負わないよ」という書類にサインもさせられたけど^^;
まあその辺は信じるより仕方ないですよね…。
(結果的には往復ともに何の問題もなかった!)

スポンサードリンク

そして飛行機に乗り込みホノルルに到着!


ホノルルの空港からホテルの近くまで送迎バスで向かいます。

バスから眺める景色がすでにハワイという感じでテンションが上がります。

空の青さと緑の濃さはさすが南国。

思っていたよりも蒸し暑い、と感じたけど、現地のスタッフさんによるとここ最近ちょっと天候が不安定で例年より蒸し暑いんだとか。

しつこいようだけど、JALパックでは空港からホテル近くのカウンターまで送迎があり、自転車を含む荷物はホテルの部屋に入れておいてくれるのでとっても楽でした^^
(帰りも部屋から空港まで運んでくれた)

 

到着からホテルチェックインまで時間があったので、街を散策。
(自転車は別に輸送されてたので使えなかった)


ホノルルの街は想像以上に日本人が多かったです(イベント時だったからかもしれないけど)。

翌日からホノルルセンチュリーライドの準備があるので、比較的時間がある到着当日に観光っぽいことをしました^^

スポンサードリンク

トロリー(観光用簡易バス)に乗って、ど定番のアラモアナショッピングセンターに行ってお土産を見たりして。

そうそう、せっかくホノルルにいるんだから、ライド中の補給食もホノルルらしいものを食べたいと思ってアラモアナでクッキーを購入。


購入したのは「ザ・クッキーコーナー」のクッキー。

すごく人気のあるクッキー屋さんで、お土産用に個包装になっているものもあるし、毎日作っている焼きたてクッキーも店頭に並んでいて一個から買えます。

せっかくなので私は焼きたてのものを4つチョイス。

マカダミアナッツとか塩キャラメルとか。
やや甘めだけど補給食にはぴったり!
全部美味しかったです^^

 

アラモアナセンターで買い物したり、近くのダイナーでロコモコを食べたりして楽しんだ後、ホテルにチェックイン。

早速自転車を組み立て、JALパックのセーフティチェックに持って行きます。

セーフティチェックはプロが自転車の状態をチェックしてくれるので、翌日のオプションライド前に空気を入れるついでに見てもらおうかと。

セーフティチェックはJALパックツアー参加者は無料で受けられます。

この時に初めてホノルルを自転車で走ったのですが、一人だったのでかなり怖かったです^^;
日本とは走る方向が反対だし(ハワイは右側通行)、交通ルールも違うので警察に怒られないかとビクビクしてました。

でもホノルルの街を自分のロードバイクで走った時、ようやく夢が叶った!とちょっと感動。

「この私がホノルルをロードバイクで走ってる!」って、じーんときちゃいましたね( ´艸`)

スポンサードリンク

バッチリ空気も入れ、セーフティチェックの結果特に不具合もなかったのですぐにホテルに帰ります。
(ハワイは自転車の盗難も多いそうなので、自転車でショッピングとかは危険)

到着日はやはり移動で疲れたし、翌日朝にオプションライドを申し込んでいたので早めに夕食をとって休みました。

ちなみにこの日の夕食はチーズケーキファクトリーでテイクアウト。

フィッシュアンドチップスとチーズケーキを持ち帰ってホテルの部屋で食べましたが、やっぱりアメリカ。

すごく美味しかったけど量が多くてこってりしてて、完全にカロリーオーバーでした(´Д` )

 

ちなみに、到着日にスーパーで見て驚いた衝撃の食べ物。


カップケーキみたいなんだけど、なにこの食べ物っぽくない色。

やっぱりアメリカはすごい国だぜ(゚Д゚;)

長くなるので、2日目以降は次回の記事に続きます。

以上、
「ホノルルセンチュリーライド2018に参加!【その1】ブログで詳細&時系列レポートします!」
でした^^

スポンサードリンク

関連記事

電車で輪行する際の服装はどうする?女性ならこのアイテムがおすすめ。【ロードバイク...

ロードバイクの基本姿勢を元オリンピック選手に教わったら劇的にペダリングが変わった...

世界のロングライドイベントをピックアップ!いつかは出場したイベントまとめ。【ロー...

ロングライドイベントに参加するための持ち物とやる事・準備まとめ!輪行&宿泊Ver...

女性用ロードバイクのメリットを調査!女性にやさしい設計で快適ライド。【ロードバイ...

ロードバイクのおすすめ本!「ロードバイク完全レッスン」(西加南子)の感想とレビュ...