ホノルルセンチュリーライド2018に参加!念願の100マイル完走は達成したのか?【ロードバイク初心者】

こんにちは。
ロードバイクでロングライド修行中の初心者アラフォー女、nicoです。

ついに、ついに、ついに!!

記事タイトルの通り、今年2018年のホノルルセンチュリーライドに参加して参りましたー!!ヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノ

念願のホノルルセンチュリーライドに参加して、色んな経験をして、いろいろと書きたいことがありますが、とりあえず今回はざっくりとした報告と、感想を書いてみたいと思います。

ではでは早速どうぞっ!!

スポンサードリンク

ついにやったぞ!ホノルルセンチュリーライド2018を走ってきた!だが、しかし…。

あれは確か6,7年以上前のこと。

クロスバイクを乗り回して楽しんでいた私は、「ホノルルセンチュリーライド」というとても楽しそうな自転車イベントがある事を知りました。

 

ハワイのホノルルを自転車で走る?

なにそれ凄く楽しそう( ´艸`)

 

色々と調べてみると、センチュリーライドとは160キロ(=100マイル)を走るという事らしく、当時20キロぐらいをサイクリングして満足していた私にとって、「160キロを走るなんてどんな宇宙人だよ」と思っていました。

でも、とっても楽しそうだという事だけが心に残り、「いつかは私も走れたらいいな」と思い続け、そのためにロードバイクを購入し、皆さんご存知の通りマイペースで練習を重ねてきました。

 

そして、とうとう。

ロードバイクを購入して約4年たった今年。

 

ホノルルセンチュリーライド2018に参加を果たしましたーー!!!(´;ω;`)

 

事後報告になってしまってすみません。

事前に「参加します!」と言ってしまうと、同じ参加者の中にブログ読者様がいらした場合に声をかけて下さる可能性もあるかと。

それはとても嬉しいのですが、恥ずかしがり屋で人見知りな私は絶対にキョドってしまうし、ヘッポコな走りを見られるのは不本意なので、事後報告とさせて頂きましたm(_ _)m
(↑心配しなくてもそんなにブログ読者様は多くないぞ!)

ちなみに2018年のホノルルセンチュリーライドは9/30に開催されました^^

 

実は昨年参加したいと思っていたのですが、ちょうどイベントの時期に大事な仕事が重なり断念。

今年も色々忙しくてちゃんと練習できないかも、と来年に見送ろうと思ったのですが、忙しいという理由で一度見送ってしまうと何年たっても参加しなくなりそうなので、無理矢理時間を作って練習することにして強引に参加を決めちゃいました!

だから、今年の夏は坂道練習をしたり、乗る頻度を増やしたり、出発前に130キロ走ったりしていたのです。

スポンサードリンク

でね。

このブログの読者様が一番気になるであろう事。

 

それは、

「アンタ、ちゃんと100マイル(センチュリーマイル)完走できたのかい?!」

って事のはず。

気になりますよねー!!(別にどうでもいいって?)

 

もうね、早速結論からお伝えしましょう!!

わたくし、今回のホノルルセンチュリーライドで、

 

100マイル(160キロ)完走できませんでしたっ!!!(´;ω;`)ブワッ

 

みんなー!!

ここまで練習して準備もしてきたというのに、おかしいよねっ!

笑っていいよ!( ゚∀゚)アハハハハハ

 

何年もかけて少しずつ準備して、ようやく念願のイベントに出られたのに、完走できなかったとかっ!

面白すぎです、自分。

スポンサードリンク

今回のホノルルセンチュリーライドに関しては現地ではもちろん出発前から、私の中で本当に色んな事があり、このブログでもたくさん書きたいことがあるので詳細はこれから書いていこうと思います。

なのでなぜ完走できなかったかについては、今後の記事で時系列で書いていきますね。

もったいぶるつもりはないのですが、一応ホノルルセンチュリーライドをメインテーマにしたブログなので(皆忘れがちだけど。笑)、細かいところまできっちり書きたいなと思いまして。

あ、心優しい読者様に心配をかけるといけないのでこれだけは先に書いておきますが、ケガや体調不良などではないです。
ピンピンして帰国してますのでご心配なく^^

 

実は今回のホノルルセンチュリーライド参加で私は初ハワイとなりました。

アメリカはこれまでにLA、サンフランシスコ、ラスベガスなどに行った経験があるのですが、ハワイは人生初。

日本人に人気のハワイはどんなもんだろうか、と思っていましたが、ハワイ楽しかったです^^

日本語が通じるとこが多いし、気軽に楽しめる海外って感じですね。

食べ物もお買い物もほどよくアメリカなのに、そこまで不便じゃないから日本人には人気なんでしょうね。
治安も他の海外よりは良いみたいだし(でも海外なので注意が必要)。

 

でも私の正直な感想としては「自転車があればハワイは楽しい!」という感じでした。

とにかく今回はハワイを自転車で走るのが楽しかった!

日本とは交通ルールが違うけど走りやすいところも多いし、景色がいいところが多いので気持ちよく走れます。

ハワイでは自転車は完全に車と同等の車両扱いだし、ハワイのドライバーは地域柄か余裕がある人が多いので怖い思いはしませんでしたしね。

スポンサードリンク

それ以外の普通の旅行でする観光やグルメやショッピングに関しては「ハワイじゃなくてもいいかな…」という感じでした。

特にホノルルは日本人が多く「せっかく海外にいるのにまわりは日本人ばかり」という状況で海外感があまりないし、グルメやショッピングに関しては日本で食べられる&買えるものがすごく多いのでハワイじゃないとダメって感じもあまりなくて…(メニューなども日本語が多いし)。

その点、海外のものがほぼ何でも揃ってる日本ってすごい!と再認識しましたね。

そういう意味では普通に海外旅行するなら他の場所の方がいいかなぁ、と思ったのですが(あくまで私個人の感想です。ハワイ批判ではないです!)、海外を自転車で走るという点ではハワイは楽しいです!

先に宣言しておきますが、今回ホノルルセンチュリーライドの100マイルを完走できなかったので、絶対いつかリベンジでまた挑戦します!

なので、その時にまたハワイを愛車で走れるのが今からとても楽しみです( ^ω^)

 

ちなみに、今回出発前にホノルルセンチュリーライドを完走する気まんまんだったので、「これで完走しちゃったらブログの名前変えた方がいいかな?」なんてちょっと悩んでました。

でも結局完走してないし、いまだに「目指せホノルルセンチュリーライド!」だから全然変えなくていいのでしばらくはこのままですけどね!( ゚∀゚)アハハハハ

スポンサードリンク

詳細は次回以降の記事で時系列で書きますが、ホノルルセンチュリーライドのイベント自体も楽しかったです!

比較的走りやすいコース設定になっているし、眺めがいいコースなので楽しいです!
現地の警察も交通整理等で協力してくれてるのでスムーズに走れます。

あと、半分以上は地元の人&外国人なので日本人以外の人と走るのもまたいい感じ。

 

ただし!!

私が事前に予想していたよりはアップダウンがありました(´Д` )

 

ホノルルセンチュリーライドって何となく「初心者もOK☆」って感じのゆるイベントというイメージがありません?

私はそういうイメージを持っていて、不思議と獲得標高だの上り坂だのという話も聞かないので、「距離が長いだけでほぼ平坦だろ」と思っていたんですよ。

実際、ネットで「ほぼ平坦コースだよー」みたいな意見もちらっと目にしたし。

 

ところがどっこい。

完全初心者にとっては平坦コースではなかった(´Д` )

 

まあヒルクライムではないので上がったら下がるからほぼプラマイゼロで平坦なんだけど、細かいアップダウンがあるからそれで心が折れそうになるんですよ!

完全に平坦だと思い込んでてちょっとメンタルやられました_| ̄|○

「ほぼ平坦」と発言されていた方は、かなり走れる人だったのね(´Д` )

スポンサードリンク

なので「初心者もOK☆ホノルルを楽しく走りましょ(^_-)」という言葉を鵜呑みにしてはいけませんっ!!

「初心者でも問題ないですよー」と言っているのは、センチュリーライド(100マイル/160キロ)以外のコースもあるから、という意味なはず。

ホノルルセンチュリーライドでは25マイル(40キロ)、50マイル(80キロ)、75マイル(120キロ)というコースもあるので初心者でもこれらのコースで走れば普通に完走できます(120キロは初心者は厳しいかも)。

 

ですが100マイル(160キロ)コースの場合、他の大会よりは走りやすいコースとはいえ完全に平坦という訳ではないし、160キロは結構な距離。

なので、ホノルルセンチュリーライドの100マイル(160キロ)コースを甘く見てはいけません。

全然走ってない完全な初心者だと完走はできないと思うのでご注意を…(汗)。

 

という訳で、ざっくりと経緯や結果、感想などを書いただけで長くなってしまいました。

日本出発から現地での様子、イベント当日の模様や完走できなかった理由などは、次回以降の記事で時系列で詳細を書いていきますので、良かったら引き続きご覧ください^^

以上、
「ホノルルセンチュリーライド2018に参加!念願の100マイル完走は達成したのか?【ロードバイク初心者】」
でした^^

スポンサードリンク

関連記事

NO IMAGE

ロードバイクのビンディング練習方法!【後編】クリートカバーが便利!

DNS,DNF,DSQの意味と違いは?レース以外でも使える専門用語!【ロードバイ...

【輪行準備その2】ロードバイク輪行のために、買い足すべきアイテムをピックアップし...

フィッティングサービスを受けてきました!【その6】@神奈川・江ノ島のリンケージサ...

ロードバイクは一人で自由に走っていい。シュペールランドヌールに励まされました。【...

Knogのベル、「Oi(オイ)」が欲しい!使わないのに欲しくなる最強のベル!【ロ...