初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

前回から、ロードバイクのビンディング練習方法について
私のやり方をご紹介しています。

イメトレと着脱練習でビンディングに慣れたら、
いよいよ外に出て走りながらの練習です。

怖いかもしれませんが、車が来ない場所を選べば大丈夫^^

スポンサードリンク

初心者向けのロードバイクビンディング練習方法!まずは片足から

前回までで、
1)スニーカーで走ってイメージトレーニング
2)家のベランダで着脱の練習
が終わっています。


そしていよいよ、
3)外に出て片足ずつはめて練習
の段階に!

この段階で私が使ったのはクリートカバー。

クリートカバーは使わない人もいるようですが、
ロードバイクを降りてビンディングシューズそのままで歩くと
クリートが減ってしまうため、
それを防ぐためのカバーです。

こういうの↓
クリートカバー

このカバーをこうやってクリートにはめると、
はめる

このようにクリートが保護されます
カバー後

本来、歩くときにクリートを保護するためのものですが、
このクリートカバーをつけていれば
ペダルとシューズが接触してもクリートがはまる事がないため、
片足ずつの練習時に便利なんです!


練習方法としては、
まず車がこない場所で行います。
普通の車道とかはやめましょう。危険です。
できれば、自転車や歩行者も少ない場所がベストです。

そして、片足のシューズにクリートカバーをつけます。
そして、その状態でロードバイクを走らせ、
カバーがついていない方の足の着脱をひたすら繰り返します。

ある程度コツをつかめたら、
クリートカバーを反対の足に移して
今度は逆の足でひたすら着脱練習をします。

私はこのセットを5kmぐらいの間で
5回ぐらい繰り返しました。
(左→右→左→右→左→右→左→右って感じで)

※クリートカバーをつけていても普通に走れますが、
つけている方の足は不安定になるので
あまり体重をかけると危険です

※私はクリートカバーを使いましたが
持っていない人は片足だけスニーカーでやってもOK。
慎重にやりたい人は右だけフラットペダルとスニーカー、
という風に進めてもいいです。

スポンサードリンク

初心者向けのロードバイクビンディング練習方法!いよいよ両足デビュー

片足ずつに慣れてきたら、次の段階です。
4)慣れたら両足をはめて練習 
に移ります。

ここまでで、ビンディングのだいたいのコツは
つかめていると思いますが、
「両足が固定されてる(怯)!」
という感覚は慣れないうちは恐ろしいもの。

まだまだ、車のこない場所で練習を続けましょう。

この段階では両足ともにクリートカバーをつけずに練習します。


いろんなサイトやブログでビンディングの着脱方法や
練習の仕方が紹介されていますが、
乗り方のクセは人それぞれだと思うので
足が上にきているとき、下まで踏んでいるときなど
いろんな角度で外せるようにひたすら練習しましょう。

それを繰り返しているうちに、
自分に合った付け外しのタイミングが分かってきます。


さらに慣れてきたらもう一段階レベルを上げます。

まだ車のこない場所で練習を続けますが、
そこでイメトレをするのです。

「あの自販機のところが横断歩道のつもり」とか
「あの木の陰から子供が飛び出してきたら」とか。

そうすることで自分なりの外すタイミングが
つかめてきます。

外したい、と思ったタイミングで外れないうちは
この練習を繰り返すといいですね。


そして、さらに慣れてきたら
まずは車通りの少ない道を選ぶようにして
ビンディングでお出かけしましょう^^

ここまで来たらお出かけできるレベルなので実践あるのみ!

早め早めに外すことをこころがけ、
無理はしないようにしてくださいね!

以上、
「ロードバイクのビンディング練習方法!【後編】クリートカバーが便利!」
でした!

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ