初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

クリート

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

初心者がロードバイクのビンディングを使う際、
立ちゴケをしないように重要視するのが外しやすさ。

今回は、ビンディングを外しやすくする4つの方法として、
楽にはずすために意識しておきたい事を
挙げていきたいと思います^^

スポンサードリンク

ロードバイクのビンディングを楽にはずす、外しやすくする4つの方法

ビンディングを使い始めのロードバイク初心者が
まず90%意識するのがその外しやすさ。

外しにくいタイプだと、慣れていない初心者は
外そうとしてもなかなか外せずに
立ちゴケしてしまいます。

そのため、最初のうちはできるだけビンディングを
楽に外せるようにしておきたいもの。

という訳で、今回はロードバイク初心者女の私が
試行錯誤しながら発見した、
ビンディングを外しやすく、楽にはずす4つの方法を
ご紹介していきます!


・ペダル側の固定力を弱くする

これは多くの人がやっていると思いますが、
ビンディングが苦手で
「やってない!」という人は今すぐにやりましょう。

多くのビンディングペダルは固定力を調整できるように
なっているので、固定力を最弱にすれば
より外しやすくなります。

参考記事:
ビンディング固定力の調整方法!SPD-SLのやり方


・クリートのネジを増し締めする

これ、最近気がつきました。
クリートはネジを使ってシューズにとめていますが、
そのネジは走っているうちにだんだんと緩んできます。

ネジが緩んでしまうとクリートが動いてしまうので
ビンディングを外そうとしても力がちゃんと伝わらず、
頑張っても頑張っても外れない・・・という立ちゴケ一直線コースに。
おお怖・・・。

私はネジの増し締めをせず、
走っている最中にクリートが落ちた事があって、
それから毎回走る前に増し締めするようにしたら
「めっちゃ外しやすい!!」と目からウロコが。

最低限走る前に増し締めをする、
長距離走るなら途中の休憩時にも
増し締めするぐらいの勢いがよろしいかと。

スポンサードリンク

・クリートを減らす

これはちょっと荒療治ではありますが、
クリートは使っていれば自然と減っていきます。
(クリートのまま普通に歩いても減ります)

新品の状態よりも多少使われて減ったクリートの方が、
ひっかかりにくくなって楽にはずす事ができるのです。

なので、買ったばかりの時に「こんなん無理!」と
涙目になったとしても(実体験)、
着脱の練習をしたり何回か走ったり、
アスファルトの上でガシガシ歩いたりすれば
だんだんと外しやすくなっていきます。

だから、大丈夫!
(でも、新品のクリートに変える時に要注意。汗)


【番外編】外した後の足に要注意

これは、楽にはずすという事とはちょっと違うのですが、
要は、「外した後に気をつけないとまたハマっちゃうよ」という事。

停車する前にビンディングを外しておき、
その足を普通にペダルに乗せたままでいると
何かの拍子で力が入ってしまった時に
また「パチン」とクリートがペダルにはまってしまう事があるのです。

はずした、という安心感がすでにありながらの、
突然の再ビンディング!!
これは、慌てますよね~。
慌てると再度外すのも上手くいかないし
これまた立ちゴケ一直線コース。

私も一回これでアワアワした経験があったので、
外した後の足はペダルに乗せずにブラーンとさせるか、
軽く漕ぎたい場合はクリート部分ではなく
土踏まずのあたりをペダルにあてるようにしています。

以上、
「ビンディングを外しやすくする4つの方法!
楽にはすずために意識しておきたい事【ロードバイク初心者】」
でした。

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ