初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%82%8b%e3%82%82%e3%81%ae

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

今回は、サドルバッグデビューをした私が
サドルバッグに入れるものについて
書いていこうと思います。

スポンサードリンク

ロードバイクのサドルバッグに入れるもの

では早速、
ロードバイクのサドルバッグに入れるものを
書いていこうと思います。

前回の記事で書きましたが、
私のロードバイクのサドルバッグは小型のもの。

なので現時点で入れるものは
ロングライド練習に不自由がない程度の、
必要最小限にしています。


現在入れてるものはこちら。

%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%82%8b%e3%82%82%e3%81%ae

・タイヤレバー
・アーレンキー
・空気入れの英式→仏式へのバルブ変換アダプター
・替えチューブ
・ジップロック(サドルバッグが防水でないため、濡れて困るものを入れる用)

これにプラスして、クリートカバーも入れています。
ロングライド練習に行くだけだと
コンビニぐらいしか歩く場面がなくて最近はあまり使わないので。

スポンサードリンク

空気入れの英式→仏式へのバルブ変換アダプターは、
出先でパンクなどのトラブルが起こって
どこかで空気入れを借りた時に
英式の空気入れだった場合にあると便利なので。
(一般的な空気入れは英式の事が多い)


私のサドルバッグは出し入れに少し時間がかかるため、
スッと出したいものや、出し入れを頻繁にするものは
入れていません。

なので、自然とトラブル時のメンテナンスアイテムを
入れることになりますね。


少し前のブログでも書きましたが、
パンク時には携帯ポンプを使うつもりで
携帯ポンプも持ち歩いていますが、
ポンプはロードバイクのフレームにくくりつけられるタイプなので
サドルバッグに入れる必要がありません。

ポンプをサドルバッグに入れようとすると
大きめのサドルバッグにしなければいけなくなるので、
コンパクトにしたいなら
フレームにつけられるタイプのポンプを選ぶのがおすすめです^^

以上、
「【ロードバイク】サドルバッグに入れるものは?
 メンテナンスアイテムを中心にコンパクトにまとめたい」
でした^^

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ