ツールドフランスでもポディウムガール廃止か!必要性について考えてみた。【ロードバイク初心者】

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、ロードバイクでロングライド修行中の初心者アラフォー女、nicoです。

ツールドフランスを毎年テレビ観戦しているローディさんは多いはず。
ならステージごとの表彰台に華を添えている美女「ポディウムガール」の存在もご存知ですよね。

今回は、そのポディウムガールがツールドフランスで廃止される動きがあるとの事で、ポディウムガールの必要性について考えてみました!

スポンサードリンク


ツールドフランスでポディウムガール廃止?!女性である必要性はあるのか【ロードバイク初心者】

ツールドフランスの各ステージの最後に表彰式がありますが、そこで選手以外に注目してしまうのが「ポディウムガール」と呼ばれる美女たち。

私は女性ですが、少しでも美のおすそ分けをもらおうという切羽詰った気持ちもあり、美女を見るのは大好き。

なので、ポディウムガールもついついじっくり見てしまうのですが、ツールドフランスのポディウムガールは、他のスポーツシーンにいる美女とはちと雰囲気が違うな、と思っていました。

ポディウムガールはもちろん美しいのですが、とにかくヘルシー!

なんというか、なよっとした感じがいっさいないのです。

他のスポーツの、たとえばボクシングのラウンドガールとかモータースポーツのレースクイーン的な美女はとにかく色気重視って感じですが、ポディウムガールは体つきもしっかりしていて健康的。

スポンサードリンク


今回この文章を書くにあたって、ポディウムガールについて軽く調べてみたところ、彼女たちは表彰式の時だけ仕事をするのではなく、裏方仕事もみっちりするという事を初めて知りました(無知)!

来賓をもてなすために新聞やコーヒーを準備したり、どこに何があるかを把握して案内したり、毎日報道陣に新聞を配布したり。

毎日こういった雑務などをこなしながら、ステージごとに移動しなければならないので団体行動できる協調性も求められるんだそう。

ただきれいにして表彰台に上がってニコニコしているだけだと思っていましたが、これはけっこう大変そうなお仕事です。

ちなみに、彼女達はツールの出場選手と接触できるのは表彰台に上がっている時のみ。
それ以外の時間は選手と関わってはいけないという規則があるのだそうです。
(それでも周囲の目を盗んで選手と付き合って結婚しちゃう人もいるけれど!)

スポンサードリンク


とまあ、前置きはさておいて。

そんなポディウムガールがツールドフランスで廃止される動きが出ているんだとか。

これは、F1のグリッドガール、ロードレースのブエルタ、ツアーダウン・アンダー、フランドルのポディウムガール(フラワーガール)の廃止の流れを受けたと言われており、ツールではまだ廃止になっていないものの、近いうちに廃止になると予想されています。

なぜこれらが廃止になったのかというと、ざっくり言えば「女性蔑視にあたるから」という事らしいです。

まあ確かに、美しさも判断基準にされて選ばれ、やや露出度高めの服を着てスポーツシーンに華を添える、という表面的な役割を見ればそうとらえられなくもない。

「女性じゃなくて、男性だって同じ仕事できるだろ!」と考えることもできますからね。
男性だってできる仕事を、あえて薄着の美女がやらなければいけない訳ではありませんから。

スポンサードリンク


ですが、そもそもこういったスポーツシーンに美女が必要とされてきたのはなぜだろう?と私なりに原点に立ち返って考えてみました。

男性同士で競う

そこには男性しかいない

男性は本能的に女性が好き(例外もあるけど)

女性がいた方が頑張れる

という事ですよね。
(ものすごくざっくりした考えだけど^^;)

 

シンプルに考えればおそらくこういう理由から女性を起用してきたはずで、
それが理由だとしたら正直、「それって女性蔑視になるのかなぁ?」と思ってしまいます。

男性の多くが女性を好きで、「だから女性を側に置きたい」というのは蔑視ではないですよね。
むしろ求められている存在です。

スポンサードリンク


それに、どちらかというと本能的に男性より女性の方が他人の面倒を見ることに長けているし、細かいところにまで気がつく人が多いです。

だから、こういったおもてなし役には向いているんですよね。

女性の長所を活かした仕事なのだから、決して悪いことではないと私は思います。

 

「女性蔑視」というなら、女性だけで競うスポーツでイケメンの細マッチョな男性を何かのスタッフとして採用してみるのはどうでしょうか。

でも、それは現時点では全くされていないし、これからするような動きもないですよね。
なぜなら、女性は男性にそういうことを求めていないから。
(他の部分で求めているものはあるけれど)

スポンサードリンク


反対に、男性は女性にそういう事を求めているのだから、求められていてそれに応える能力があり、「やりたい!」と手を挙げる女性がいるのであれば、ポディウムガールの存在は必要だと思います。

ポディウムガールのような美しい女性を見て喜ぶのは男性だけではなく、私達女性(の一部)もですからね。

 

という訳で、つらつらと書いてきましたが、私の結論は「ポディウムガールを廃止する必要はない!」という事。

でも、廃止されてしまう流れになっていますけどね…^^;

各ステージの最後に美しい女性を見られなくなるのはちと残念です。

以上、
「ツールドフランスでもポディウムガール廃止か!必要性について考えてみた。【ロードバイク初心者】」
でした^^

スポンサードリンク


関連記事

輪行練習&フォローフィッティングに行ってきました。【ロードバイク初心者】

被害を最小限にする落車の仕方を覚えよう!落車時に気をつけたい事とは。【ロードバイ...

セブンイレブンで自転車シェアリングの実験開始。今後全国展開なるか。

男性ローディのスネ毛問題について考えてみる。剃らなくても問題はないのでは?

ロードバイク初心者にこそ、ロングライドイベントをおすすめしたい4つの理由。

NO IMAGE

【ロードバイク】ヘルメットをかぶらない派は意外と多い!かぶらない派の4つの主張【...