初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

ロードバイクのおすすめ映画!「メッセンジャー」の感想とレビュー

メッセンジャー

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

今回はロードバイク映画「メッセンジャー」の
感想とレビューを書いていこうと思います^^

スポンサードリンク

おすすめロードバイク映画「メッセンジャー」の感想とレビュー

今回のロードバイク映画のおすすめは、「メッセンジャー」です。

「メッセンジャー」は1999年に公開された
草なぎ剛さん、飯島直子さん主演の自転車映画です。
(もうそんな前になるのか・・・汗)

飯島直子さん演じるキャリアウーマンが
自転車便のメッセンジャーに怪我をさせた事から
自身もメッセンジャーとして働き始め、
自転車の魅力にのめりこんでいく・・・
そんなストーリーです。

他の出演者はナインティナインの矢部浩之さん、
京野ことみさん、別所哲也さん、加山雄三さんと
個性的ながら華やかなメンバーです。


私ねー、

この映画めっちゃ好きなんですよ!!



スポーツ自転車に乗り始める前から、
何回も何回も繰り返し観ていたほど好き。

スポ根的感じや、チームワークとか
笑える要素とか自転車の爽快感とか
ちょっとキュンとする恋愛とか、
色んな要素いいとこどり!って感じ。

その頃から「自転車って楽しそー」と思っていたので、
ロードバイクが趣味になったのは自然な流れなのかも。


何度も観たけど、今回この記事を書くにあたって
もう一度観かえしてみました。

いやー、一昔前の甘酸っぱい感じがいいですよね(^ω^)
飯島直子のセクシー&キュートさといったら!
サイクルウェア姿がまたヘルシーで超似合う。
私もこんな風に着こなしたいな~(←夢物語)。


この映画では飯島直子さんが怪我をさせた矢部さんの代わりに
自転車に乗ってメッセンジャーの仕事を始めます。
メッセンジャーの仕事を立ち上げた草なぎさんは
凄腕メッセンジャーではありますが、
ビジネスの才能はあまりないよう。

ですが、飯島さんが加わることによって
草なぎさん達が細々とやっていた仕事の規模が
少しずつ拡大していく事になります。


草なぎさんは自転車のプロ、という役どころで
登場シーンでも
「バイクより自転車の方が速い」
と断言しています。

この「バイクより自転車の方が速い」というのは
この映画のテーマの一つ。

最初は自転車に乗ることに慣れなかった飯島さんも
後半ではさまざまなテクニックを覚え、
仲間達と一緒に都内を自転車で駆け回ります。

スポンサードリンク

映画の中で草なぎさんは
「世界で書類届けるのにバイクを使っているのは日本だけだ」
とも豪語していて、
自転車のフットワークの良さと速さに
絶大なる信頼を置いていることがわかります。

まあ、「バイクよりも自転車の方が速い」というのは
都内のストップ&ゴーが多い場所で
書類を届けることに関して言えば確かにそうかもしれません。

ニューヨークのマンハッタンでも
メッセンジャーが活躍していることを考えれば
そうなんだろうなぁ、と納得できますしね。


詳しく書くとネタバレになるので控えますが、
草なぎさんと飯島さんたちは
バイクよりも自転車が速いことを証明し、
爽快感と自転車の楽しさをこれでもかと見せつけてくれます。

映画の中では、おそらく普段は自転車は入れない場所を
許可をとって走っているようで、
(それとも自転車可の道路なのかな?危なそうだけど・・・)
すごーく気持ち良さそうに道を走っている場面が印象的です。
この映画を観て「自転車を始めた」という人もいるはず。

あと、個人的には飯島さんがスーツで自転車に乗る姿が大好き。
クールでカッコイイです。
自分ではできないからなおさら^^

あと、飯島さんが走っているシーンの時、
ものすごく軽いギアでめっちゃクルクル回してるのがわかります。
「そこまで軽くしなくても・・・」と思ってしまいますが、
少しでも脚に筋肉をつけないためでしょうか。
さすがは女優さんです^^


久しぶりにこの映画を見て気づいたのは、
使っている自転車がロードバイクではないという事。

「専門的な自転車=ロードバイク」と
勝手に記憶を置き換えていたようですが、
ハンドルもドロップではないし、
タイヤも少し太めな気がする。
なのでおそらくクロスバイクなのでは。
(MTBでタイヤを細くしてる可能性も)

クロスバイクだとどうなの?
と思うところもありますが
都会の車道を走るのであれば
タイヤも細すぎない方が良さそうだし
いいのかもしれませんね。

ニューヨークのメッセンジャーの画像を
ネットで観てみたら、
8割の人がドロップハンドルで
2割がバーハンドル、という感じだったので
バーハンドルでも問題はないのかも。


ロードバイクではないですが、
スポーツ自転車の楽しさと可能性を存分に、
かつ気軽に楽しめる映画として
非常におすすめの作品ですよ^^

以上、
「ロードバイクのおすすめ映画!
「メッセンジャー」の感想とレビュー」
でした^^

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ