初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

ロードバイクメーカーの特徴まとめ!【後編】15社のイメージはさまざま【初心者向け】

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

前回から、ロードバイクの初心者に向けて
ロードバイク15メーカーの特徴やイメージをまとめています。

選択肢がありすぎて困ってしまう
一台目のロードバイク選びも、
各メーカーのイメージや特徴を知っておけば
かなり楽になるはず。

個人的イメージも入っていますが、
参考にして頂けたらうれしいです^^

スポンサードリンク

ロードバイクメーカーはこんなにある!メーカーの特徴・イメージまとめ【後編】

では、前回に続いて
ロードバイクメーカーの特徴とイメージを
まとめていきます^^


・PINARELLO(ピナレロ)

pinarello

イタリアのメーカー。
フレーム部分がウネウネと曲がっているのが大きな特徴。
ピナレロ独特のこのフレームは乗り心地の良さにつながっている。
デザインやカラーリングがイタリアっぽいおしゃれなものが多いので
こだわりたい人、人と違うものがいい人にはおすすめ。

・SCOTT(スコット)

scott

スイスのメーカー。
軽量のカーボンフレームが得意で
ヒルクライムを目指す人に好まれるが
ロングライドにも向いている。
玄人向けのイメージが強いが
10万円台のロードバイクもあるので
初心者でもスコットの良さを味わえるはず。

・GIOS(ジオス)

gios

イタリアのメーカー。
鮮やかなブルーと細いクロモリの美しいフレームが印象的。
個人的にはジオスのロードバイクはかなり好き。
イタリアっぽい美しさと丁寧な作りを兼ね備えており、
速く走るだけではなく、走りを楽しむ人に向いている。

・MERIDA(メリダ)

メリダ

台湾のメーカー。
台湾のメーカーといえばジャイアント、と
誰もが思いがちだったが
ツールドフランスで活躍する新城幸也選手の
バイクメーカーという事で最近知名度が急上昇。
イメージだけではなく、確かな技術力と
洗練されたデザイン、高いコストパフォーマンスで
初心者が選ぶ一台としてかなり有力候補になる。

スポンサードリンク

・DE ROSA(デローザ)

DE-ROSA

イタリアのメーカー。
とにかく高級メーカーというイメージ。
ロゴに入っているハートマークがかわいらしく、
女性に人気のメーカー。
イタリアの質の高いバイクらしく、
安定感のある速い走りができる。

・RIDLEY(リドレー)

リドレー

ベルギーのメーカー。
ベルギーは自転車が盛んな国で、そこで生まれただけに
徹底的に走りを追求しているメーカーと言える。
特徴はとにかく頑丈で軽い。
その割にはお手ごろ価格のモデルもあるので
これから本格的に走ってみたい!という初心者にもおすすめ。

・CERVELO(サーヴェロ)

サーヴェロ

カナダのメーカー。
アメリカではかなりの人気がある。
特別な研究を重ねて設計されたエアロフレームを
使っているのが大きな特徴。
速く走る工夫と軽量化を同時に成功させている。
高級メーカーなので乗っているだけで
セレブ感&本気感を漂わせられる。

・FELT(フェルト)

フェルト

もとはドイツのメーカー(アメリカにも拠点がある)。
アルミフレームに力を入れており、
とにかく速さと乗り心地をストイックに追求している。
ホリゾンタルフレーム(トップチューブが水平のもの)を
ポリシーとしてかかげており、
カラーリングもシンプルで玄人っぽさ満点。
扱いやすいバイクがお手ごろ価格で手に入るし、
意外と人とかぶらないので初心者の一台目にもおすすめ。

以上、
「ロードバイクメーカーの特徴まとめ!
15社のイメージはさまざま【初心者向け】」
でした。

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ