初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

ロードバイクの確実な空気の入れ方【その3】「空気が入らない」初心者・女性にも!

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

数回にわたって、初心者や女性が苦手な
ロードバイクの空気の入れ方についてご紹介しています。

タイヤの空気圧の確認と、
必要な空気入れと空気圧計(エアゲージ)を
準備したら、いよいよ空気を入れていきましょう!

スポンサードリンク

「空気が入らない」と悩む初心者・女性に!確実な空気の入れ方!

では早速、私が見つけた確実な
空気の入れ方の手順をご紹介していきますね。

初心者や女性の方の参考になれば嬉しいです^^

用意するものは
・ロードバイク(当たり前だ)
・空気入れ
・空気圧計(エアゲージ)
の3つ。


まずは、ロードバイクのタイヤのバルブを開けます。

だいたいのバイクはバルブの上に
丸っこいカバーがついているので
まずはこれを外します(私のは紫色)。

ちなみに、このカバーはなくても平気だそう。

最初のバルブ

カバーを外すと、このような状態になっているので、
(仏式バルブの場合)
上のツマミと下のツマミをゆるめます。

バルブゆるめる

下の部分はゆるめなくていい、という意見が多いですが
私は上下ともにゆるめる派です。

ゆるめる際、ゆるめ過ぎだと入れた空気が漏れてしまうので
「締まっていないけど、ゆるゆるでもない」
という状態にしましょう。

締まりすぎやゆるめ過ぎだと
効率よく空気を入れることができません。
これは何回か自分でやってみて、感覚をつかむしかありません。

スポンサードリンク

ゆるめた後はこんな感じに。
下は画像では分かりませんが、上のツマミは
少し上に上がっています。

ゆるめた後


ゆるめたら、バルブの上を指で押して、
少し空気を抜きます。
(空気の通り道を作ってあげるため)

空気を抜く

プシューという音がするはずです。
しなければ、ツマミのゆるめ方が足りないので
もう少しゆるめましょう。


続いて、空気入れをバルブに装着します。

私の使っている空気入れ(トピークJoeBlow Sprint)は
英式と仏式両方に対応しているので
グレーの仏式側の差し込み口を使います。

差込口

差し込むときは、レバーは水平に。
差し込んだ後に固定する際はこのように、
レバーを差し込み口とは反対側のナナメに倒します。

固定2

この続きは次回の
「ロードバイクの確実な空気の入れ方【その4】
「空気が入らない」初心者・女性にも!」
でどうぞ^^

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ