初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

ロードバイクの型落ち、購入時期は?メリットとデメリットも知っておこう

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

ロードバイクを購入する際、
少しでも安く、いいものを手に入れたいと
思うのは当然のこと。

そんな人に選択肢に入れて欲しいのが
型落ちのロードバイクを買う、という事。

そこで今回は、型落ちのロードバイクはどの時期に買うべきか、
そしてメリットとデメリットについて
書いていこうと思います。

スポンサードリンク

ロードバイクにこだわりがなければ型落ちもアリ

型落ちのロードバイクもアリですよ、
と書いていますが
そもそも型落ちとは何かというと。

ロードバイクのメーカーは
毎年(毎シーズン)、
新しいモデルを製作して販売します。

その新しいモデルより前の、
つまり前シーズン以前のモデルのことを
型落ち、というのです。

例をあげれば、今は2016年モデルが出ているので、
現在2015年より前のモデルは型落ち、と呼ばれます。
(この言葉は販売と購入する際にだけ使われます)


要は、古いモデルだから安く売りますよ!という事。

新しいモデルは最新の技術や機能が
盛り込まれているので、
そこを楽しみにしている人は
型落ちを買わない方がいいでしょう。

ですが、私を含めてロードバイク初心者の場合、
機能とか最新技術とかはあまり分からないし、

それよりも「いいものが安く買える方が嬉しい」
という人の方が多いと思うので
(数ヶ月たつと10万円ぐらい差が出るし!)、
ロードバイクの型落ちはそんな人にぴったりなのです。

スポンサードリンク

型落ちロードバイクのメリットとデメリット&購入時期

私は、特別なこだわりがなければ
型落ちロードバイク万歳!派なのですが、
型落ちのロードバイクにもデメリットがあります。

それは、「選択肢が少ない」という事。


当然ですが、新モデルが出た時点で
購入する人も多くいるため、
次の新モデルが出る直前には
売れ残りの中から買えるものを探さなければなりません。

自分の欲しい色で自分のサイズがなかったり、
自分の欲しい色が売り切れていたり、などで
お目当てのものが買えない可能性もあります。

その場合は、自分に合ったサイズを選ぶ事が
一番大切ですから、
欲しい色を諦めて別の色を買うか、
型落ちは諦めるか、という事になります。


それに対して、型落ちのメリットはやはり
「安い」こと。

先ほども上で書きましたが、
ものによっては発売当初と数ヶ月しか違わないのに、
10万円ぐらい安くなるものもあったりします。

私の場合はものすごくラッキーで、
欲しいと思っていたメーカーとフレームの色が
ちょうど型落ちの中にあって、
サイズもぴったり、予算はちょっと超えたけどOK、
という状況だったので即決しました^^


ちなみに、ロードバイクの型落ちが販売される時期は、

毎年だいたい

7月から10月頃

となります。

10月以降になると新モデルが
自転車屋に入ってくるからです。

私はたまたま、7月に良いロードバイクを見つけたので
決めてしまいましたが、
おそらく型落ちを狙っている人は
6月~7月あたりに動き出すと思うので
9月10月あたりの時期には良いものは
残っていない可能性が高いです。


いかがでしょうか?

ロードバイクの型落ちにはデメリットもありますが、
うまくいけば安く買えるという大きな
メリットがあります。

型落ちにだけこだわっていると
いつまでも買えなくなってしまう可能性もありますから、
春ごろからロードバイクの購入を検討しはじめるのなら
時期をみながら型落ちも視野に入れるぐらいが
良いかもしれませんね^^

以上、
「ロードバイクの型落ち、購入時期は?
メリットとデメリットも知っておこう」
でした!

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ