初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

ロードバイク向け保険のおすすめトップ3!賠償責任額一億円以上は今では常識【自転車保険】

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

ロードバイクに乗る人にとって気になるのが保険。
できるだけ保険料は安くおさえたいけど、
万が一のために補償は手厚くしておきたい。
そう思っている人が多いのではないでしょうか。

私も今回調べた上で保険を見直すことにしたので、
ロードバイク乗りにおすすめの保険を
ご紹介したいと思います^^

スポンサードリンク

ロードバイク乗りにおすすめの保険トップ3!

では早速、私が調べてみて
ロードバイク乗りにおすすめできる
自転車保険のトップ3をご紹介していきます。


【第一位】 au損保「自転車向け保険 Bycle ブロンズコース」

・一ヶ月当たりの保険料 312円(2年契約で一時払の場合)
・個人賠償責任補償額 一億円
・死亡・後遺障害補償額 300万円(自転車事故の場合600万円)
・入院保険金日額 4000円(自転車事故の場合8000円)
・自転車で走れなくなった場合のロードサービス有り(50kmまで)

一ヶ月当たりの保険料に対して
個人賠償責任の補償額が一億円と手厚い
au損保の自転車向け保険。

近年、自転車で歩行者を巻き込む事故を起こしてしまった場合、
被害者への補償額は一億円近くになる場合も多いと言われています。

そのため、自転車保険の補償では個人賠償責任の額が
一億円あるものを選ぶのが安心です。

私はチューリッヒの自転車保険に入っていますが、
個人賠償責任額を5000万円以上に増額できないため
もうじき今の保険期間が終了したら
このau損保の保険に入る予定です。

ロードサービスがあるのも嬉しいところ。
もう少し補償を手厚くしたい場合は、
ランクが上のシルバーコースやゴールドコースを選んでもいいですね。

スポンサードリンク

【第二位】 セブンイレブンで入る三井住友海上の自転車保険

・一ヶ月当たりの保険料 333円
・日常生活賠償責任保険金 三億円
・死亡・後遺障害保険金 290万円
・入院保険金日額 4000円
・交通事故による手術保険金 入院中4万円(それ以外は2万円)

自転車保険の中で賠償責任保険金が最高額。
自転車以外の日常生活でも補償されます。
保険料がかなりおさえられているのにこの保険金はすごい。

セブンイレブンで簡単に加入できるので、
賠償保険を最重要視している人にはおすすめです。


【第三位】 ドコモ サイクル保険(ドコモ利用者のみ加入可)

・一ヶ月当たりの保険料 440円~
・日常生活賠償責任保険金 二億円(海外での事故も対象)
・死亡・後遺障害保険金 550万円
・入院保険金日額 3000円

ドコモの携帯電話及びスマホ契約者のみ加入できる自転車保険。
申し込みは携帯電話・スマホのみでできて
保険料の支払いは毎月の携帯電話料金と一緒にできるので
非常に手軽に利用できるのが嬉しいですね。

賠償責任保険金と死亡・後遺障害保険金の額が
一ヶ月の保険料に対して高めに設定されているので
コスパがいいと思います。

ただ、ドコモ利用者しか入れないために第三位にしました。

以上、
「ロードバイク向け保険のおすすめトップ3!
賠償責任額一億円以上は今では常識【自転車保険】」
でした!

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ