初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

ロードバイクのヘルメット、寿命は意外と短い!初心者の知らないヘルメットの弱点とは

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

ロードバイクのヘルメットに寿命がある事を
ご存知ですか?
初心者の私は最近まで知らなかったんです(汗)。

寿命が過ぎたヘルメットを使っていると
万が一の際、本来の機能である頭部の保護機能が
きちんとはたらかずに危険な場合も。

今回は、ロードバイクに乗るなら
きちんと知っておきたい、
ヘルメットの寿命について調べてみました!

スポンサードリンク

ロードバイクのヘルメット、寿命は何年?



では早速、ロードバイクのヘルメットの寿命が
何年か、という事について調べてみました。


調べてみた結果分かったのは、

ロードバイクのヘルメットの寿命は3年

だそうです!

思っていたより短くてびっくり。


なぜロードバイクのヘルメットに寿命があるのか、
寿命が3年なのかというと、

・ヘルメットの素材は主に発泡スチロール。
なので紫外線や汗などの影響を受け、
時間がたつにつれて劣化していく。
(なので紫外線のあたる場所に保管しないこと)

・使っているうちにぶつけたり、
衝撃を受けることによって劣化していく。

これらの理由から、製品安全協会では
ヘルメットの寿命を「3年」と定めており、
日本のメーカーでも3年を目安に買い換えることを
すすめているのです。


こう書くと
「じゃあ、購入して3年以上たったヘルメットはもう使えないの?」
という疑問が当然出てきますよね。

3年を過ぎたヘルメットを使う事については、
完全に自己責任です。

「明らかにヒビ割れてないし劣化してないから
使っちゃおーっと。」
と使っている人も多くいます。

もちろん、問題なく使える場合も多いです。

スポンサードリンク

ですが、ヘルメットの真価を発揮するのは頭部を打つ時。

その時が来るまで「このヘルメットが使えるかどうか」は
分からないのです。

頭部を打ってみて「このヘルメット、駄目だったわ」
となってからでは明らかい遅い!

安心してロードバイクに乗り、
万が一の時もしっかり頭部を守りたい、
という気持ちがあるなら
ヘルメットの寿命と言われる3年をめどに
買い換えることをおすすめします。


ちなみに、寿命の3年が来る前に
「ヘルメットを強くぶつけた」
「ヘルメットに傷やひび割れができた」
という場合は即買い替えるべき!

その状態ではヘルメットの保護機能が
きちんと働かないからです。

命より高いものはありません。

ロードバイクという趣味を楽しむ余裕があるならば、
ヘルメットを3年で買い換える事を
優先して考えてほしいですね。

以上、
「ロードバイクのヘルメット、寿命は意外と短い!
初心者の知らないヘルメットの弱点とは」
でした!

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ