カブトのヘルメットレインカバーがスタイリッシュ!雨天ライドも快適に。【ロードバイク初心者】

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、ロードバイクでロングライド修行中の初心者アラフォー女、nicoです。

ヘルメットメーカーとして有名なカブトが、ヘルメット用のレインカバーを出していることをご存知ですか?

今回は、意外とこだわる人が少ない、ヘルメット用のレインカバーについて書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

カブトのヘルメットレインカバーが地味に便利そう。雨天、夜間ライドも快適に。【ロードバイク初心者】

私は雨の日に走ったことはまだありませんが(これからもないことを祈ります・・・)、やむを得ず雨の日に走るときは、皆さん頭はどうしているんでしょうか。

レインジャケットのフードをかぶるというのは、長距離走りにくそうだし。

よくイベントの日にたまたま雨になってしまった時に、ホテルの部屋にあったシャワーキャップをヘルメットの上に装着して走るといい、という話も聞くけど見た目的にちょっとなー、と。

シャワーキャップを否定するつもりはなく、急な雨の時に手軽に使えて便利だとは思いますが、雨の日によく走るというのであれば、毎回シャワーキャップを使うのではなく
ヘルメット専用のレインカバーを持っていてもいいような気がします。

そんな雨の日ライドに使えるのがKABUTO(カブト)の「HELMET RAIN COVER(ヘルメットレインカバー)」
カブト ヘルメットレインカバー
(KABUTOのHPより引用)

ヘルメットに程よくフィットするこの流線型。
シャワーキャップとは違ってスタイリッシュじゃありませんか。

このようにヘルメットに添ったラインなら、空気抵抗も減るので走りやすいですよね。

スポンサードリンク

そして、左右と後ろにあるグレーの部分はリフレクター(反射素材)になっているので、暗い場所や夜間のライドでも安心です。

もちろん、使っていない時はコンパクトに折りたためるので持ち運びも便利。

絶対に必要なアイテムという訳ではないけど、雨の日にあったら絶対に便利だろうなぁ、と思います。

特に私は雨の日に走りなれていないので、ストレスになるようなことは少しでも減らしたい。
なので、走る日を動かせないサイクルイベントに出るようになったら、このヘルメットレインカバーを買おうと計画しています。

かさばらず持ち運びしやすいので、レインジャケットと一緒に持っておくといいですね^^

以上、
「カブトのヘルメットレインカバーがスタイリッシュ!雨天ライドも快適に。【ロードバイク初心者】」
でした^^

スポンサードリンク

関連記事

ロードバイクの盗難対策にはヌービーム!一つで何役もこなすすぐれもの!【ロードバイ...

【ロードバイク】ボトル選びは意外と悩む!私が使っているボトルはコレ!

苦しいときの呼吸法&呼吸のリズム!覚えておきたい基本の呼吸とは。【ロードバイク初...

ロードバイクの基本姿勢を元オリンピック選手に教わったら劇的にペダリングが変わった...

伊豆急行サイクルトレインが実験開始!伊豆の自転車旅がより便利に。【ロードバイク初...

ロードバイクのリアライトのおすすめはクロップス!USB充電&自動点灯のテールラン...