初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

ロードバイクで痩せる乗り方!減量目的なら知っておきたい4つの方法  

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

減量目的でロードバイクに乗っている人も
そうでない人も、
せっかくロードバイクに乗っているんですから
痩せる乗り方の方がいいですよね。

そこで今回は、ただでさえ痩せるロードバイクで
さらに痩せる乗り方について調べてみました^^

スポンサードリンク

ロードバイクで減量!痩せる乗り方はコレだ

では早速、ロードバイクでより減量できる、
痩せる乗り方を調べてみました。

痩せる乗り方の条件は以下の通りです。


・サドルを高くする

ロードバイクに限らず、自転車で減量するために
最も大切なことの一つ。

ロードバイクでサドルを低くしている人は
あまりいないと思いますが、
初心者で不慣れな人は怖がって
サドルをあまり高くしていない人もいます。
そうしていると脚の筋肉の使用量が減り、
消費カロリーも少なくなって
痩せるための効率はあまり良くないです。

さらに、サドルを高めにすることで
前傾姿勢になり、腹筋や腕の筋肉が鍛えられるので
上半身の引き締め効果も期待できます。


・ギアは軽めにしてくるくる回す

これもすごく大事です。
重いギアにして負荷をかけて乗ると、
無酸素運動になり、筋肉ばかり育ってしまいます。

減量するためには有酸素運動をするべきなので、
ギアは軽めにして、ペダルの回転数を上げましょう。
そうすれば脂肪燃焼効率も良くなり、
スラッとした体型になれます。

スポンサードリンク

・ペダルは拇指球でこぐ

ビンディングを使っている人は問題ありませんが、
フラットペダルの人はペダルを踏む位置に注意しましょう。

ロードバイクのペダルを踏むのは
「拇指球(ぼしきゅう)」という
親指の付け根にあるグリグリした丸い部分
(つま先立ちをした時に一番手前になるところ)で
踏むのがベストです。

土踏まず部分やカカト部分で踏むと
ふくらはぎの筋肉が効率よく使えずに
減量効果が低くなってしまいます。


・乗る時間を長めにする

当然ですが、運動する時間が短いよりも長い方が
より減量効果が高まります。

ガンガン20分走るよりは、
ゆったり1時間走るほうが脂肪を多く燃焼できるのです。

長い時間走るためには無理をしない事が一番。
少し汗ばむくらいで、笑顔で走れるくらいの
ペースを心がけましょう。


いかがでしょうか?

ロードバイクは楽しみながら
長い時間継続できるスポーツです。

減量目的であれば、これらの方法を取り入れて、
より痩せる乗り方で楽しくダイエットしちゃいましょう^^

以上、
「ロードバイクで痩せる乗り方!
減量目的なら知っておきたい4つの方法 」
でした!

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ