初心者でもロードバイクは楽しめる!アラフォー既婚女性がマイペースでホノルルセンチュリーライドにたどりつくまでに感じたあれこれ

menu

ロードバイク初心者女のブログ 目指せホノルルセンチュリーライド!

SPDとSPD-SLの違い!初心者はどっち?【ロードバイク ビンディング】

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

そろそろビンディングデビューしようかな、
と思い始めているロードバイク初心者の私。

色々調べてみた結果、
コスパや手に入りやすさから
シマノのビンディングにしようと
ようやく決められたのですが、
シマノにも色々ある!!という事に気づきました(汗)。

という訳で今回は、シマノのビンディングの
SPDとSPD-SLの違いと、
ロードバイク初心者はどちらを選ぶべきか、
という事についてまとめてみようと思います!

スポンサードリンク

シマノのSPDとSPD-SLの違いは?

では早速、シマノのSPDとSPD-SLの違いについて
まとめていきたいと思います。
(あくまで初心者向け!)


・SPD

SPDペダル
SPDクリート
(Amazonより引用)

もともMTB用につくられたもの。

頻繁に足をつくことを想定して作られているため、
ペダルから足をはずしやすい。
さらに、ペダルの片面がフラットになっているものもあり、
普通のスニーカーでも気軽に乗れるのが嬉しい。
(もちろん両面ビンディングも有り)

山道などで使うことを前提にされているため、
対応しているシューズもMTBっぽいデザインで
バイクを降りても歩きやすいものが多い。

だが、そのかわりSPD-SLと比較すると
重い、はまり具合がややゆるい、はずれやすい、
というデメリットも。

レースに興味がある人にはあまりおすすめできないが、
通勤、通学に使う人(信号などでよく止まる)や
サイクリングの途中でよく自転車を降りて歩く人には向いている。


・SPD-SL

SPLSLペダル
シマノクリート
(Amazonより引用)

ロードバイク用につくられたもの。

軽量でペダリング効率を高めることを
第一につくられているため、
レースやロングライド向け。

比較的クリートが大きいため、
はめやすく漕ぐ力がペダルに伝わりやすい。

それに反して、片面のみで着脱しないといけない、
対応するシューズでは歩きにくい、
などのデメリットがある。

スポンサードリンク

ざっくり二つの違いを比べてみると、

SPD→ゆるいビンディング
SPD-SL→本気っぽいビンディング

という感じでしょうかね。

ロードバイク初心者がどちらを選ぶかは
人それぞれですが、

初心者には足がはずれやすくて
プレッシャーの少ないSPDがいいよ!
という意見がかなり多い。


ですが、ロードバイクの楽しさに目覚めたら
SPDでは物足りなくなって、
SPD-SLにしたくなる!という話も多く、
そうなるとシューズやペダル、クリートを
総とっかえという事に。

いずれはSPD-SLを使いたい!というのなら
最初にSPD-SLから入って
しょっぱなから慣れてしまう方がいいのではないか?
と個人的には思ってしまう。

しかも、私の場合は目的がロングライドと
はっきりしているので
最初からSPD-SLに慣れるように練習しておく方が話が早い。

という訳で、私はSPD-SLにすることに決定!!

へっぽこ初心者という事を考えると
SPDのはずしやすさは魅力ですが、
ホノルルセンチュリーライドを走破するためには
そんな泣き言は言っていられない!

幸いにも、SPD-SLのペダルの中にも
クリートを固定するバネの力を調節して
弱めることができる(=はずれやすくなる)
ものもあるそうなので、
最初はそれを弱めて使えばいいかな、と。


ふー。

ようやく、どのビンディングにするかが決まったので、
あとはペダルとクリートとシューズを買って
とりつけて、練習するだけ^^

って、まだまだ慣れるまでにはやること盛りだくさんっ!!

ロングライドマスターへの道は遠い・・・(´Д` )

以上、
「SPDとSPD-SLの違い!
初心者はどっち?【ロードバイク ビンディング】」
でした!

スポンサードリンク

関連記事

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを登録して頂ければ、更新した際にメールでお知らせします^^

あくまでざっくりです。

アーカイブ