【ロードバイク】ビンディングペダルに交換【その4】左右を間違え大苦戦!

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

数回にわたって、ロードバイクのフラットペダルから
ビンディングペダルに交換するやり方・手順を
画像つきで公開しています。

初心者女が悪戦苦闘しながらも
ペダル交換していくさまをご覧ください^^

スポンサードリンク

ロードバイクのペダルをビンディングペダルに交換、その4

ビンディングペダルをクランクに取り付けていた私。

なんか、かなり力がいるな。
どうしても最後まで入っていかないんだけど。

そう、どうしても途中からスムーズに
入っていってくれないのです。

「間違った角度で入れるとネジ山をつぶす」
という説明を色々な場所で見ていた私は

「ネジ山をつぶしてクランク交換なんてなったら大変!」
と思い、

ペダルレンチをまわしてはやめ、
少し入れては外し、
角度を確認しなおしてはまわし入れ、
でも入っていかないからまた外し・・・

なんてことを45分以上もやっていました。

これだけやっても、全然入っていかないのです。

ネジ山つぶしの恐怖におびえていた私は、
入っていかないペダルを
無理に入れることができず、
ネットで情報を集めてみました。


すると、ペダルが入っていかないという例は
どこにも見当たらない。

だけど、ペダルを外すときに
力がいる場合がある、と書かれたサイトを発見。

スポンサードリンク

それを見た私は
「外すときに力がいるんだから、
つける時にも力を入れないとダメなんだな」
と思い、

途中から入っていかないペダルを
力を入れて締めることを決意。

ありったけの力を振り絞って
ペダルを締めていきました。


うん、力を入れれば入っていく。
これだこれだ。
と思いながら締めていったのですが、

最後の最後に、どう力を入れても
どうしても入っていかずにスキマができてしまう。

new_スキマ

茶色っぽいところが根元のはずなのに、
その先に少しスキマがありますよね。

このスキマがどうしても入っていかない。

この先はどう力を入れても無理だったので、
諦めることにしました。

ここまででかなりギュウギュウに締めているし、
乗っていて外れることはないだろうと思ったし。


でも、ペダルを交換している人のブログなどを見ると
皆ちゃんと根元まで入ってるんだよなー。

私の力が足りないのかな?

なんて思っていたのです。

実は、左右のペダルを間違えているとも知らずに・・・(汗)。

この続きは次回の
「【ロードバイク】ビンディングペダルに交換【その5】」
をどうぞ!

スポンサードリンク

関連記事

ロードバイクのリアライトのおすすめはクロップス!USB充電&自動点灯のテールラン...

飛行機用輪行袋・ケース比較!海外用はサイズも重要!【電車・タクシーで空港へ行く人...

NO IMAGE

ロードバイクのビンディング練習方法!【前編】まずはイメトレと着脱練習から

ロードバイクを始めるなら予算はいくら必要?やってはいけないロードバイクの買い方

ガーミンとは一体何?よく聞くガーミンについて調べてみた。【ロードバイク初心者】

ビンディングのメリット&デメリット!【後編】ビンディングに変えた初心者が感じた8...