【ロードバイク】ビンディングペダルに交換【その3】フラットペダルからのやり方を公開

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

数回にわたって、ロードバイクのフラットペダルから
ビンディングペダルに交換するやり方・手順を
画像つきで公開しています。

初心者女が悪戦苦闘しながらも
ペダル交換していくさまをご覧ください^^

スポンサードリンク

ロードバイクのペダルをビンディングペダルに交換、その3

フラットペダルも外したし、
よーし、いよいよビンディングペダルをつけるぞ!
と気合充分の私。

・・・しかし、
この後バカな私は悪戦苦闘することに(´Д` )

・ペダルのクリート固定力を調整する

ペダルを取り付けてしまう前に、
ヘッポコ初心者用にペダルのクリート固定力を
最弱に調整しておくことにします。

SHIMANOのSPD-SLシリーズは
ほぼ同じだと思われますが、
ペダルの後方にクリートの固定力を示す
インジケーターがあります。

new_インジケーター

このインジケーターは台形の状態で見るのが正解。

中央の赤い部分にある黒い突起が
上にあればあるほど固定力が弱く、
下にあればあるほど固定力が強いです。

なので、この画像の状態だった私のペダルは
固定力が最弱だと判明したので
何も手を加えずに終了。
(ペダル出荷時には最弱になってるのかも?)

※追記→この状態で後で着脱練習をした際、
固定力が最弱ではないと判明!
インジケーターがもう一段階上の最弱モードがあります。

ちなみに、クリート固定力の調整は、インジケーターの
真上にあるボルト穴に2.5mmアーレンキーを差し込んで
行います。

スポンサードリンク

・ビンディングペダルをつける

では、いよいよビンディングペダルを
クランクにつけていきます。

まずは、ペダルの左右を確認。
このビンディングペダルは
根元の部分に「L(左)」「R(右)」の文字が入っています。

new_左右

文字が入っていないペダルでも、
必ず左右がわかる印がついているはずなので
それを確認しましょう。

右ペダル→右足で踏むほう
左ペダル→左足で踏むほう
です。

そして、ペダルのネジ部分に
グリスを塗ります。

new_グリス塗り

作業後に拭き取ればいいので
量は多めでも問題ありません。

そして、ペダルをクランクの穴に入れます。

最初は必ず手で回しいれるようにして下さい。
最初から工具を使って締め上げてしまうと、
間違った角度で入ってしまった場合に
ネジ山がつぶれてしまうことがあります。

最初は手で少し回しいれて、
入らないところまできたら
レンチで締めていきます。

ここまでは何の問題もない感じ。

ですがここから、私の悪夢が始まるのです(´Д` )

この続きは次回の
「【ロードバイク】ビンディングペダルに交換【その4】」
をどうぞ!

スポンサードリンク

関連記事

NO IMAGE

【ロードバイク】ボトルケージのおすすめと選ぶ際の注意事項まとめ!ペットボトルを使...

ロングライドの持ち物まとめ!10の必需品&必須アイテムで快適ライド【ロードバイク...

NO IMAGE

ロードバイクのビンディングメーカーまとめ前編【初心者向け】各社の向き不向きもチェ...

NO IMAGE

【ロードバイク】ビンディングペダルに交換【その6】ようやく正しいやり方で完了!

熱中症対策に効果抜群!ちょっと買いにくいアレで暑い日のライドも快適に。【ロードバ...

NO IMAGE

ビンディングシューズ購入その2!ロードバイク初心者女がショップに行ってみた【ロン...