【ロードバイク】アルミはロングライドに向かないって本当?最近のアルミフレーム事情を考える

こんにちは。
ホノルルセンチュリーライド出場を目指し、
ロードバイクでロングライド修行中の
初心者アラフォー女、nicoです。

比較的安く、丈夫さがメリットの
アルミフレームは初心者向けのエントリーモデルに
多く使われていますが、
ロングライドに向いていないとも言われています。

ではなぜ、アルミはロングライドに向かないのか?
そして、本当にロングライドに向いていないのか?
という事について考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

アルミのロードバイクはロングライドに向かないというのは本当か

これからロードバイクの購入を考える人の多くは、
予算がある程度決まっているはず。

そのため、「少しでも安くて良いロードバイクが欲しい!」
と考えるのは当然のことですよね。

そんな気持ちから、これからロードバイクを買おうという人は
比較的安いエントリーモデルを買うことを
一度は検討すると思うのですが、
多くのメーカーのエントリーモデルはアルミフレーム。


ロングライドがしたくてロードバイクを買う人の多くは、
アルミフレームを避けてカーボンはクロモリのものを
購入する傾向があります。

それはなぜかというと、
アルミフレームはロングライドに向いていない、
と言われているから。



さらに、なぜアルミフレームは
ロングライドに向いていないと言われるかというと、
アルミは重くて硬くて、しならない素材だというのが根本にあります。

硬い素材だと走行時の衝撃を吸収できず
身体に伝わってしまうため、
長く乗っていると疲れてしまうからだそうです。

そのかわり、アルミフレームは
硬く、衝撃を吸収しないという特性から
ペダルを漕いで前に進む力が逃げずに
推進力になるため、速く走れるというメリットがあるのです。

スポンサードリンク

確かに、長く乗っていて疲れやすい、
というのはロングライド用のロードバイクとしては
大きなデメリット。

ですが、「アルミは疲れやすい」
というのは実は一昔前までの話。

最近ではアルミフレームの長所を最大限に伸ばし
短所を補う研究をしているメーカーも多いのです。



その一つが「FELT」で、
FELTはアルミフレームにはかなりこだわっています。

FELTのアルミフレームは軽く、しなやかなので
長時間快適に走れるように研究されていて、
なおかつアルミの長所である推進力もあるし、
丈夫さに加えてお手頃価格なのも嬉しいところ。


すっかりFELTのまわしものみたいに
なってしまいましたが、
最近の技術は本当に素晴らしくて、
FELT以外にも快適に走れるアルミフレームを
研究しているメーカーはけっこうあるはず。

なので、
「アルミだからロングライドには使えない」
と決め付けてしまうのはもったいない!

あとは、メインの素材はアルミだけど、
一部カーボンを使っている、など
快適性が配慮されているモデルもあるので、

欲しいロードバイクがアルミフレームだとしても、
どのようなメーカーのどんなモデルなのか、
まずは調べてみてから決めても遅くはないですよ^^


以上、
「【ロードバイク】アルミはロングライドに向かないって本当?
最近のアルミフレーム事情を考える」
でした^^

スポンサードリンク

関連記事

ロングライドは時速何キロで走るべき?イベントで完走するための時速を計算してみた【...

電車で輪行する際の服装はどうする?女性ならこのアイテムがおすすめ。【ロードバイク...

NO IMAGE

ロードバイクの盗難保険を比較!基本は購入時&購入後すぐに加入すべし!

NO IMAGE

人生初ロードバイク購入!その3【初心者女のシロウト丸出し購入日記】

走っていてヒヤッとする場所(道路)ベスト6!転倒防止のために意識すべき場所とは【...

NO IMAGE

ロードバイクの選び方・初心者向け!後編 【自転車】